1度で2品♪新ごぼうで鶏肉の八幡巻き&新じゃがの煮もの


新ごぼうシリーズの続きは、
ワタクシ得意の1度で2品のパターンです(^-^)v
ごぼうって、牛肉や鶏肉とは相性バツグン!
お肉で巻いたものは『八幡巻き』と言って、代表的な京料理の1つです。
おせち料理なんかでは、穴子で巻いた物もよく見かけますよね。

今回は鶏もも肉で巻いてみました。
柔らかい新ごぼうで作ると、下茹でが要らないから楽々なんですよ〜♪
甘辛い煮汁が染み込んだ鶏とごぼうって、思わずご飯が進んじゃいます(*^-^*)
そして鶏の旨味が出た煮汁を残さず利用するために、
新じゃがも一緒にコトコト…
じっくり味の染み込んだ、おいしいお芋の煮っころがしも一緒に出来上がり〜♪
という寸法( ^ー゚)♪
別々に盛りつければ、これで2品のできあがりです。
楽しておいしく食べてみてくださいね!

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

「鶏肉の八幡巻き&新ジャガの煮もの」
【材料】
3人分
新ごぼう(小さめ)1本
鶏もも肉1枚
塩(粗塩)
小麦粉適量
新じゃが又は普通のジャガイモ適量(一口大に切る)
さやいんげん10本程度(半分に切る)
サラダ油大さじ1/2
ダシ汁300cc
日本酒大さじ2
みりん大さじ2
砂糖(粗糖)大さじ1・1/2
醤油大さじ3
【作り方】
  
1.【下ごしらえ】
  ごぼうは半分に切ってから、縦4つ割りにして
  暫く水にさらしてアクを抜いておく。
  鶏肉は分厚いところを切り開いて厚みを均一にする。

2.【巻く】
身の方に軽く塩を振ってから、
茶こしで小麦粉をまんべんなく振る。
小麦粉を振った方に束ねたごぼうを置き、
端からぴっちりと巻いて行きます。
凧糸をグルグルと巻き付けたら準備完了です。



3.【煮る】
鍋かフライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を焼く。
周りにこんがり焼き色が付いたらOK!
そのままダシ汁を注ぎ、調味料で味を調えます。
一煮立ちしてきたら隙間にジャガイモを加え、
落としぶたをしてコトコト10〜15分煮ます。
ジャガイモが煮えたら、最後にさやいんげんを加えて
サッと煮たらできあがりです。



時間に余裕のある方は、一度冷ましてから、
食べる間際にもう一度温めると味がよく染み込んで美味です。
(さやいんげんは温め直す時に入れます)
急ぐ方は、盛りつけてから煮汁を適量小鍋に取り、
水溶き片栗粉でとろみを付けて、ソース風に上からかけるといいかも。
ご都合に合わせてみてくださいね。

この日は、春キャベツのツナマヨソース
と一緒にいただきました。煮物系は少々色合いが寂しいので、
彩りの鮮やかな野菜料理と並べると、
お互いが引き立て合って
さらにおいしそうに見えるんですよね(^-^)v
このサラダ、我が家では春になると
1度は必ず作るメニューの1つなんですよ〜♪
キャベツがモリモリ食べられるおすすめサラダです。
甘辛系のおかずに良く合う優しい味なので
ぜひこちらもお試しくださいね。
そうそう、煮汁は捨てないでくださいね!
お楽しみはまだまだ続きますから( ^ー゚)♪
お楽しみってなぁに?と、ワクワクしてくださったら
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)