(後半)シンガポールチキンライス(海南鶏飯)


お待たせしました!
前回からの続きで、シンガポールチキンライス(海南鶏飯ハイナンジーファン)
今回はご飯のレシピです。
鶏もも肉を茹でた、茹で汁を使って炊くチキンライス。
これまた美味なんですよ〜 (*´д`*)ハフン♪
お店のは、ジャスミンライスを使ってあったので、
パラリとしていて独特の風味がありました。
このパラリ感を出したくて、炒めてから炊く
ピラフスタイルで作ってみました。
にんにくと生姜の風味に、鶏の旨味が加わって、
何にも具が入っていなくても、
これだけでパクパクいけてしまう味なんですよ〜!
これ、前回の茹で鶏を乗っけていただきますが、
特に茹で汁や茹で鶏を使わなくても、鶏ガラスープで出来てしまうし、
おかずはちゃちゃっと鶏肉と野菜を炒めたのなんかでも大丈夫。
白ご飯とは又違った美味しさで食べられますよ〜( ^ー゚)♪
炊飯器で簡単に炊けるので、ぜひトライしてみてくださいね。
おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

「海南鶏飯・チキンライス」
【材料】
3合分
米3合
鶏の茹で汁540ccに鶏ガラスープの素小さじ2(又は水540ccに鶏ガラスープの素大さじ1・1/2)
日本酒又は紹興酒大さじ1
生姜みじん切り大さじ1/2
にんにくみじん切り小さじ1/2
太白ごま油(白締め油)大さじ1
塩(粗塩)小さじ1
米は、炊く1時間以上前に研いでザルに上げ、水気を切ってから乾燥させておく。
柔らか茹で鶏の作り方はこちら
【作り方】
  
1.【炒める】
  フライパンに生姜とにんにく、太白ごま油を入れて火にかけ、
  香りが立ったら米を加えて炒める。
  全体に油が回って、透明感が出てごわつくまで3分くらい炒める。

2.【炊く】
  炒めた米を炊飯器の内釜に移し、鶏の茹で汁を加える。
  (茹で汁が少ない場合は、水を足して540ccにする)
  調味料を加えて味を調え、炊飯器のスイッチON!
  炊きあがったら混ぜ、器に盛って完成。

このご飯、本当は鶏の脂を使って炒めるそうです。
私は太白ごま油(香りの無い白いごま油です)を使ったけど、
それでもコクが出て美味しかったなぁ♪
このご飯、シンプルだから色んな料理と一緒に楽しめそうです(*^-^*)v
もちろん、余ったご飯はアレですよ(笑)
具が入ってなくても、たぶんおいしいオムライスになると思われます。
あぁ楽しみ〜 (* ̄m ̄)ムフフ

一緒にいただいたのは、厚揚げの生姜風味ソテー(茹で鶏の生姜ダレにお醤油味)
トマトとたまごのあっさりスープなどなど。
う〜ん、野菜のおかずが1品あればよかったなぁ
反省しながら、今日もこれから晩ご飯の支度にかかります!
がんばるぞ〜(^▽^)/ お〜
お帰りの際には ←ポチッと
一押ししてくださったらうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)



人気blogランキングに参加しています。
(Visited 1 times, 1 visits today)