(前半)シンガポールチキンライス(海南鶏飯)


コメントのお返事、スローペースですみません(^-^;)
昨日は、アメブロ(アメーバブログ)さんがインタビューのために、
わざわざ我が家まで来てくださいました。
ワタクシ『有名ブロガーインタビュー』って言うコーナーに登場いたします。
(詳しい日にちが決まったら、またURLなどもお知らせしますね)
いや〜しゃべったしゃべった(笑)
来てくださったアメブロの方が大阪出身の方だった事もあって、
思わず話が盛り上がって、1時間の予定が2時間くらいしゃべってました(^▽^;)
私、好き勝手なことしゃべったけど、ええんかいな〜(もう遅いって?w)
来週後半以降にアップされるらしいので、また見てみてくださいね!
見てやってもいいかなと言ってくださる方は(笑)
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
さて、今日のレシピです〜♪
先日食べに行ったシンガポール料理屋さんで、
シンガポールチキンライスっていうのをいただいたんです。
これがまたおいしいんだなぁ (*´д`*)ハフン♪
同じとまではいかなくても、近い感じに作れないかなぁと、
早速トライしてみました。
チキンライスと言っても、よくあるケチャップ味ではなくて、
鶏のスープで炊いたご飯なんですよ。
そのご飯に、柔らか〜く茹でた鶏肉を乗せて
ガガーッとかき込んで食べるんですが(笑)
タレが3種類ほどあって、それに鶏肉を付けてからご飯に乗っけるわけです。
これって、中国の海南島出身の人が、シンガポールで広めた料理だそうで、
正しくは海南鶏飯(ハイナンジーファン)と言います。
タイではカオマンガイと呼ばれているものです。
タレは、生姜ダレ、マイルドな醬油ベースのタレ、
ピリリとパンチのあるチリソースの3種類。
この中で、生姜ダレがすごく気に入ってしまたので
今回は生姜ダレのみを作って(手前)
あとはシーズニングソースと
スウィートチリソース(どちらも市販品)でいただきました。
この料理、まず茹で鶏を作ってから、
その茹でた鶏のスープを利用してご飯を炊きます。
少し長くなりそうなので、今回は2回に分けてアップしますね。
とりあえずは、鶏を柔らか〜く茹でる方法、
行ってみましょう( ^ー゚)♪




「海南鶏飯・柔らか茹で鶏」
【材料】
3人分
鶏もも肉小さめ2枚
塩(粗塩)
日本酒又は紹興酒大さじ2
生姜スライス5〜6枚(10g程度)
ネギ(白ネギの青い部分)1本分(斜めスライス)
水適量
『生姜ダレ』
下ろしショウガ小さじ1
日本酒大さじ1
茹で鶏の茹で汁大さじ3〜4
塩(粗塩)小さじ1/3〜
太白ごま油(白締め油)小さじ1
【作り方】
  
1.【下ごしらえ】
  鶏もも肉の余分な脂や筋を取り、塩を適量振ってすり込む。
  そのまま15分程度置いて味を馴染ませる。

2.【茹でる】
  水から茹でます。
  鍋に鶏肉を並べてかぶるくらいの水を注ぎ、生姜、ネギ、日本酒を入れて中火にかける。
  細かい泡が立ち始めたかな〜というところで、
  煮立たないように極弱火にし、そのまま15分ほど維持します。
  蓋をして火を止め、そのまま冷たくなるまで鶏肉を浸しておく。

3.【盛りつけ】
  生姜ダレを作ります。
  まず生姜と日本酒を一緒に20秒ほどレンジ加熱し、アルコール分を飛ばします。
  そこへ鶏の茹で汁と塩を加えて味を調え、最後に白締め油を加えて混ぜたら完成。
  鶏はスープをよく切り、食べやすい大きさに細切りにする。
  お好みのタレを付けて召し上がれ!
  (スープはご飯に使うので捨てないでくださいね〜)

茹でる時の水加減は、しっかり鶏が浸かるようにしてくださいね。
加熱していくと鶏肉は縮むので、水が少ないとぽっかり頭が出てしまいます(^-^;)
生姜ダレの塩気は、お好みで調節してみてくださいね。
これ、かなりジューシーに柔らかい茹で鶏ができあがります。
チキンライスに乗っけてもいいけど、このままおかずにしてもGood!
タレも色々工夫できそうでおすすめです。
とりあえずは茹で鶏から、ぜひトライしてみてくださいね。
チキンライスは次回に続きます。
もう少々お待ちくださいませ〜(*^-^*)
お帰りの際は、 ←ポチッと一押し、
ついでに応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)