鶏鍋


先日購入した土鍋、いよいよ本格的に使用開始です♪
とりあえず、豆乳鍋で始まって、次は何鍋がいいかな?ってことで、
ダーリンから「鶏の水炊き!」と言う意見。
それもいいね〜♪…でも娘はダシに味の付いたお鍋の方が好きだから、
きっと反対するだろうなぁ(^-^;)
家族の意見が分かれると、お母ちゃん困るのよ(笑)
ま、とにかく、いつもと違うおいしい鶏肉で食べてみたいよね。
と言うところは意見が一致(ほっ)
ダー「へぇ〜!地鶏って、色々と規定がうるさいんや!」
最近の地鶏問題ニュースを見ていて、ダーリンと2人で鍋の作戦会議に入る(笑)
私もダーリンも、地鶏って「平飼い(地面で飼育)しただけの鶏の事」だと思ってました(^-^;)
1㎡以内に10羽以下で80日間以上の飼育、銘柄が在来種純系でないといけない…
へぇ〜そういう規定があったんだ!
奈良へ行った帰り、デパ地下に寄って早速地鶏を購入。
奮発して大和肉鶏のもも肉と、骨付きぶつ切り肉をGETしました♪
鍋は最初に昆布と骨付き肉でスープを作り、タレはポン酢とゴマだれの他に
塩や薬味で後から好きに味を変えられるようにしました。
これで揉め事も無いかな(笑)
地鶏でなくても、骨付き肉でスープを取ると格別です(^-^)v
お鍋を始めるよ〜!って言う前に作っておくと、
濃厚な味のおいしい鶏鍋が食べられますよ〜♪
仕込みは30分前から。
待つ甲斐のある味です!


「鶏鍋」
【材料】
3人分
鶏骨付きぶつ切り肉500g程度
鶏もも肉1枚
ダシ昆布1枚(15×10cm程度)
酒100cc
白菜、春菊、ネギなどお好みの野菜適宜。
椎茸、エノキ、舞茸などお好みのきのこ適宜
豆腐など適宜
ポン酢(市販のもの)
塩(岩塩や海の塩などの自然塩)
柚子胡椒、唐辛子、コショウ、刻みネギなどの薬味
『ゴマだれ』(2人分)
練りゴマ大さじ2
ポン酢大さじ1
みりん大さじ1
ダシ汁大さじ2(鶏のダシから)
すりごま大さじ1/2
野菜は食べやすい大きさに切っておきます。
ゴマだれは、まずみりんを20秒ほどレンジ加熱してアルコール分を飛ばし、
粗熱が取れたら他の調味料を加えてよく混ぜておく。
【作り方】
1.【下ごしらえ】
  骨付き肉に熱湯をかけて霜降りにします。
  血や汚れはサッと洗い流して準備OK!
  鍋に昆布を入れて水をたっぷり注いで火にかけ、沸騰したら骨付き肉と酒を加えて昆布は引き出します。
  そのまま弱火にして、静かにコトコト30分ほど煮ます。

2.【煮る】
  骨から肉がポロッと外れるようになったらお鍋の開幕(笑)
  お好みの材料を入れて、煮えたらポン酢やゴマだれでいただきます。
  ダシを器に取り、塩コショウで味をつけてもシンプルで美味です。


鶏肉はやっぱりポン酢がいいね!
塩で味をつけたのは鶏の旨味全開で最高♪
な〜んて色々な意見が飛び出して、鍋ってほんとに楽しいですね(*^-^*)
締めはおうどんやラーメン、雑炊などなど…
これが食べたくて鍋をする的な楽しみが待ってます♪
娘「私はラーメン!」
ダー「え〜(^-^;)雑炊の方がいいやん!」
んもう〜 やっぱり揉めた!!
お母ちゃん困るぅ(笑)
鍋の時はやっぱりお奉行様が必要ですよね(^▽^;)

人気blogランキングに参加しています。
締めはラーメン、そのあと雑炊でした(笑)
平和でよかったね〜♪と思ってくださったら

Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押しで1投票
応援どうぞよろしくお願いします!


(Visited 1 times, 1 visits today)