鯛づくし♪鯛の和風ポキ


知り合いの方から鯛をいただきました。
最近釣りに凝ってるそうで、大漁だったからと、
な、な、なんと9匹も!!(^▽^;)
まかせとけ〜!と、ど〜んと胸を叩いたものの、
さて、どうするかなぁ(おぃおぃw)
とりあえず、友人に2匹お裾分けして、
あとはダダ〜っと3枚におろしてから考えるとするかな。
おっと、丸ごと料理にもトライしたいから
1匹は尾頭付きで置いとかなくちゃね( ^ー゚)♪
うろこまみれになりながら(汗)
←鯛と格闘すること一時間。
うろこを引く時に、ツルツル滑って
背びれが指に刺さって流血(涙)
娘がキズパワーパッドをくれたので
助かりました〜(コレいいね!)
鯛をおろす時の三種の神器は、
うろこ引き、よく切れる包丁、そして絆創膏だなぁ
と、一人でウケる(笑)


釣りたての新鮮な魚は、やっぱり生で食べなきゃね!と、
まずは平づくりのお刺身に。

う〜ん、少々切り方がアレでも(笑)おいしそうだぁ(*^-^*)
そしてお刺身苦手が若干一名なので←ダーリン
少し味の付いたのも用意。

鯛のカルパッチョであります。
家族にはこれが一番好評だったんですよ〜(^-^)v
作り方は、まずにんにくを半分に切り、お皿にごしごしこすり付けて香りを付ける。
できるだけ薄くそぎ切りにした鯛を、あまり重ならないように並べる。
オリーブ油(大さじ2〜3)を回しかけ、塩を振ってから刻んだイタリアンパセリを散らし、
冷蔵庫で少し置いて味を馴染ませたらできあがり。
レモンを搾っていただきます。
塩は、「海のものには山の塩が合うよ!」と言うダーリンからの助言で、
岩塩(アルペンザルツ)を使いました。
そうそう、アルペンザルツのHPで、ドイツアルプスの旅(ペア)が当たるらしいですよ。
私が「応募しなきゃ!」と言ったら、ダーリンがすでに応募したらしくて、
今から「当たったら仕事休まなきゃなぁ…」と、余計な心配をする彼であります(笑)
話がそれました(^▽^;)
さて、もう1品は「昆布締めが食べたい」と言うダーリンのために、
昆布締め+ポキ風のものを作りました。
ポキは私が食べたかったの(笑)
以前ごま油で作ったら、鯛には少しきつすぎたようで
鯛の甘みが胡麻油の香りに負けてしまったので、今回は白締め油を使いました。
なかなかいけましたよ〜♪

「鯛の和風ポキ」

【材料】

3人分
鯛お刺身用1冊(そぎ切り)
塩昆布約大さじ1程度
日本酒大さじ1/2
塩(岩塩又は粗塩)ひとつまみ
醬油小さじ1
白締め油小さじ1(太白ごま油)
大葉2〜3枚(粗みじん切り)
炒りごま小さじ1

【作り方】

1.【和える】
  そぎ切りにした鯛をボウルに入れ、日本酒を振りかける。
  塩昆布、塩、醬油、大葉、炒りごま、白締め油を加えて混ぜる。
  器に盛ったらできあがり。


これ、マグロでもおいしいと思います。
ご飯のおかずにもピッタリでした♪
お刺身苦手なダーリンは、「お刺身はご飯のおかずにならない」って言うんだけど、
私はこれだけで白いご飯が1杯いけるわ(笑)
が!残念ながら今回は白いご飯ではなくて、鯛飯でありました。



一応ほぐした身が入ってるんですけど〜分かる?(笑)
私が忙しくしてたから、鯛の身はダーリンがほぐしてくれたんですよね。
ダーリン「できたよ〜!」
ai「ありがとう〜…って、いったい鯛はどこに??Σ(・ω・ノ)ノ」
っていうくらい細かくほぐしすぎちゃって(笑)
娘「お父さん、これじゃあ鮭フレークだよ(´〜`;) 」
と、娘からクレーム。
お父さん、頑張りすぎて失敗の巻きでありました(笑)
まぁおいしかったからヨシとしましょう(*^-^*)

あとは茄子とベーコンのトロトロ煮やお吸い物などなど。
鯛づくしメニュー、あれがいいとかこれがいいとか
ワイワイと楽しい晩ご飯になりました(*^-^*)
Aさんありがとうございます!
また大漁だったらお願いしますね(笑)

 


いつも応援ありがとうございます!
今日も人気ブログランキングへ ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)