里芋とキノコの具沢山スープ


久しぶりに、一度で2品…いやいや、3品ものの登場です!
先日、シンガポールチキンライス(海南鶏飯)を作ったんですよね。
鶏肉を茹でて、その茹で汁でご飯を炊く。
これだけで1度で2品のお得感いっぱいのご馳走になるんだけど(笑)
今回は、鶏肉を2枚茹でたので、茹で汁も少し多め。
ご飯用意外にも少し余ってしまったので、捨てたらバチが当たるわと(^▽^;)
具沢山スープも作りました。
これ、鶏肉の旨味と、ほんのり香るネギと生姜が良い仕事してくれて、
何も手を加えなくても良い味出るんですよ〜!
私は椎茸としめじを入れたけど、他に舞茸やエノキを入れても
キノコから良いダシが出ておいしいんじゃないかなぁ
味付けは、あっさり塩コショウと少しのお醤油。
チキンライスにもよくあって大満足でした(*^-^*)v
茹で鶏無しで、普通に鶏ガラスープだけを使っても作れますから、
ぜひトライしてみてくださいね!
  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


「里芋とキノコのスープ」
【材料】
3人分
スープ700cc(鶏肉の茹で汁+水に、鶏ガラスープの素大さじ1)
里芋3〜4個(一口大に切る)
椎茸2枚(薄切り)
しめじ1/2パック
塩コショウ
醬油小さじ1
刻みネギ適量
シンガポールチキンライス(茹で鶏)の作り方はこちら
【作り方】
1.【煮る】
  鶏肉の茹で汁に鶏ガラスープを加えて煮立てる。
  里芋を加え、沸騰したら弱火にして、蓋をして静かに6〜7分煮る。
  里芋が煮えたらキノコを加え、塩コショウで味を調える。
  3分ほど煮たら、最後に醬油で香り付けする。
  器に盛り、ネギを散らしてできあがり。

茹で汁がたっぷりあったら、水は足さなくてもOKです。
里芋は、長く煮ると溶けてドロドロになっちゃうので(^-^;)
できれば完成したら少し置いて、盛りつける間際にもう一度火を入れるようにすると
余熱でふんわり柔らかにできあがります。
しかも冷めて行くときに里芋に味が染み込むので美味しさ倍増♪
一度お試しくださいね(^-^)v

シンガポールチキンライスの他に、
一緒にいただいたのは、パプリカたっぷりの炒り卵。
これ、太白ごま油を買ったら
『オムレツや炒り卵を作る時に、油を少し加えてから焼くとふわふわに仕上がります』
と書いてあったので試してみたんですよね(タマゴ1個に対して油小さじ1だそうです)
しか〜し!私のやりかたが悪かったのか、できあがりは想像してたものとは違ったのよ〜(^-^;)
普通に、いつも通りに焼けばよかった_| ̄|○il||l
ま、そんなこともあるわよね。
こんな感じか〜と、分かっただけでも勉強になったかな。
人生常に修行であります!(* ̄‥ ̄*)=3
だよね〜!と共感してくださったら、
人気ブログランキングへ←ポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)