酒饅頭(さかまんじゅう)


頂き物の酒粕、まだまだ余ってるんですよね(^-^;)
少しでも消費しようと、酒饅頭を作ってみました。
あんまんや豚まんはよく作るけど、酒饅頭は初挑戦です!
作りながら反省点もあったりで、今回のレシピはまだまだ未完成かな〜と言う事で、
私の忘備録としてアップします。
実家の近所に、喜八洲総本舗(きやすそうほんぽ)と言うお店があって、
酒饅頭と言えば、そこを思い出すんですよね。
おはぎやみたらし、焼き餅なんかを売っている庶民的なお店で、
酒饅頭も、もわ〜っと湯気の上がった蒸したてが店頭で売られてるんですよ(*^-^*)
大阪の和スイーツとしてよくテレビでも紹介されているお店です。
新大阪駅や空港にも支店があるので、大阪にいらしたらぜひ食べてみてくださいね。
甘いのが苦手な私も「ここのはいける!」と太鼓判を押せる味です。
あんこが絶妙なのよ〜 (*´д`*)ハフン♪
そこの酒饅頭とまではいかないけど(汗)
初酒饅頭にしてはまずまずの出来かな?
ちゃんと食べられたし〜(笑)
蒸したては、酒粕の香りがフワ〜んとして、
私にとっては懐かしい味でした(*^-^*)

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

「酒饅頭」
【材料】
12個分
薄力粉200g
ベーキングパウダー小さじ2
重曹小さじ1/3
塩ひとつまみ
酒粕50g
日本酒50cc
砂糖(キビ砂糖)100g
あんこ300g
薄力粉、ベーキングパウダー、重曹は合わせてふるっておく。
オーブンペーパーを3cm角に12枚切っておく。
【作り方】

1.【下ごしらえ】
酒粕を小さくちぎり、お湯大さじ2に浸して少しふやかし
すり鉢で擦ってなめらかにする。(さらに裏ごしすると奇麗に仕上がります)

2.【生地を作る】
ボウルに酒粕と日本酒、砂糖を加えて混ぜ、
ふるっておいた粉も加えて、粉気が無くなるように混ぜてひとまとめにする。
打ち粉(分量外)をした台に乗せ、ベタつくようなら粉を少し混ぜて
滑らかになるまでこねる。
棒状にしてから包丁で12等分して丸め、手で薄く伸ばす。



3.【包む】
あんこを12等分して丸くまとめておく。
まず、手のひらに生地を置いてあんこを乗せ、
生地を回しながら手で包み込むようにて丸く形を整えて行く。
(口が完璧に閉じなくても大丈夫です)
底にオーブンペーパーを貼付けておきます。



4.【蒸す】
湯気の上がった蒸し器で、強火で10分ほど蒸します。
(水滴が直接落ちないように、ふきんをかけたりして工夫してくださいね。)
蒸し上がったらすぐに網に取り、表面に艶を出すために
うちわなどであおいで一気に冷ましたらできあがり。

何が難しいって、皮にあんこを包むのがねぇ(´〜`;)
蒸すと膨らむので、もう少し薄く(2mmくらい?)伸ばしたらよかったなぁと反省。
奇麗に包める職人さんは、やっぱり職人技なのだと実感です。
何個か包むとだんだんコツが分かって来るんですが、
こういうのっていつもそうなのよねぇ
最初はひどくて、もう終わりと言う頃にちゃんと包めるの(笑)
パン生地とは違うので、それほど長くこねる必要は無いと思います。
あと、伸ばす時は麺棒でもいいと思うけど、打ち粉をしすぎたり
皮の表面が乾いてしまうと、蒸すとぱっくり割れます(^-^;)
(2個割れたw)
なので麺棒を使うときに打ち粉をしたら、
蒸す前に軽く霧を吹いたほうがいいかも。
あんこは水分の少ない硬めの方がおすすめです。
私が使ったのは少し柔らかめだったので丸められず、
ちょっと包みにくかったのよね(^-^;)
たまたま家にあったのを使ったけど、
次回はちゃんとチョイスしてから作ろうと思います。
さて、次回は完璧を目指すぞ〜!
目指すは和菓子職人だーー!!おー(・∀・)ノ
ムリ?(笑)

なんだかミニあんまんみたい?(笑)
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)



人気blogランキングに参加しています。


(Visited 1 times, 1 visits today)