車エビのパスタ


元旦の晩ご飯は、我が家ではめずらしくイタリアンでした。
って、もしかしてそういうのって初めてかな?
と言うのも、友達から「たくさんあるから食べて〜」と、活け車エビをいただいたんですよね。
大晦日だったので、最初はおせちに…と思ったんだけど、
ダーリン「なんかもったいないね(^-^;)」
う〜ん、おせちって冷たいしね(^-^;)
せっかくの新鮮なエビは、やっぱり一番美味しい食べ方がしたいよねぇ
そこで以前ロスのイタリアンレストランで食べた、
スカンピ(手長エビ)のパスタが頭に浮かぶ…
あれおいしかったよなぁ〜(*´д`*)ハフン♪
と言う事で、重箱には入れずに冷蔵庫へ。
エビさんには一晩お休みしていただきました。
元旦まで持たないか?と思ったけど、なんのなんの(笑)
いざ料理しようか…と思ったら、ピッチピチ!
ワタクシ小心者ゆえ、生きてるものを料理するのが少々苦手なんですよね(´〜`;)
特にエビは、尖ってるところが刺さるのが怖くて〜(汗)
なので今回の下ごしらえはダーリン担当であります。助かった〜( ; ̄ω ̄)ほっ
ダーリン曰く、「水道水に漬けるとおとなしいけど、浄水器の水だと暴れるみたい」らしいです。
一般的には、水道水に浸すとおとなしくなるって言うけど、
うちの浄水器が普通のとはちょっと違うからか?
もしくは水温が微妙に違うからか?(浄水器の方が少し高いんです)
そのへんはナゾです。
とにかく、眺めてるとなんだかエビが気の毒になるので(笑)
私はあんまり見ないようにして、他の事に没頭。
家族はやっぱり助け合わなきゃ!(^▽^;)ははは
今回は、作り置きのトマトソースが無かったので、トマトの水煮を潰して使用。
非常に簡単に、思い立ったらすぐにできる超簡単パスタです。
でもね、これがw( ̄△ ̄;)wおおっ! と叫んでしまうほどおいしくて、
素材が良いと、こんなにスペシャルな味になるのね!と言う事が
イヤと言うほど分かるのよ(笑)
この味だけは、残念ながら他のエビでは代用できないなぁと実感です(^-^;)
ピチピチの車エビを入手したら、ぜひぜひトライしてみてください。
たぶん、この世で一番おいしいパスタだ!と感激すること間違いナシです( ^ー゚)♪
人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


「車エビのパスタ」
【材料】
3人分
車エビ9匹
塩コショウ
にんにく1片(スライス)
オリーブ油大さじ3
白ワイン大さじ3
水煮ホールトマト1/2缶
お好みのパスタ250g程度
イタリアンパセリ、刻みパセリなど適宜
トマトは前もって手で潰すか、ポテトマッシャーなどでしっかり潰しておく。
【作り方】
1.【下ごしらえ】
エビは流水でおがくずなどを洗い、背を開いて背わたを取る。
身の方に塩コショウを振っておく。

2.【パスタを茹でる】
鍋にたっぷりの湯を沸かし、1%の塩(材料外)を入れて
パスタを規定時間どおり、アルデンテに茹でる。

3.【ソースを作る】
パスタを茹で始めたら、ソース作り開始!
フライパンににんにくとオリーブ油を入れて火にかけ、香りが立ったらエビをソテーする。
殻から焼き始め、両面を香ばしく焼いたら白ワインを回し入れる。
潰したトマトを加えて一煮立ちしたら、エビは一旦取り出す。
ソースは塩コショウで味を調えておく。

4.【仕上げ】
茹で上がったパスタをソースに加えて絡め、器に盛る。
上にエビをトッピングして、イタリアンパセリや刻みパセリを散らして完成です。

これ、最初にパクッと一口食べて、思わず
「うっそぉ〜!!」って言っちゃったんですよね(笑)
車エビはプリプリでびっくりするほど甘いし、
エビの味噌の旨味がソースに滲み出て、それをパスタがしっかり吸って
もうもう、ニンマリしてしまうほど美味しかったの!
娘とダーリンに「おいしいよね♪ね?」と振ったら、
なぜか二人ともだんまり…
ai「なんで何にも言わないの?」
娘「ちょっと黙っててくれる?今食べるのに忙しいから」
ダーリン「…食べ終わるのが悲しいくらいおいしいよぉ〜(T^T)」
あらま(^▽^;)
私以上に感激してくれたみたいです(笑)
今回の1品は、家族の胃袋鷲掴みでした。
と言っても、これは私の腕じゃなくて、素材の良さのなせる技ってところでしょうね。
エビをくれた友人に感謝感謝であります。
味をしめた家族達、きっと来年も「作って〜!」って言うだろうなぁ
元旦の夜はイタリアンで!が定番になりそうな予感です(*^-^*)
いつも応援ありがとうございます!
人気ブログランキングへ←ポチッと一押し今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
人気blogランキングに参加しています。