豚肉とスナップエンドウのごま塩炒め&祝!400万人突破


昨日薬剤を散布した、家の入り口にある桜の木。
お買い物に出かけようとしたら、柵がしてあって
「頭上注意。薬剤を散布したので毛虫が落ちて来る可能性があります」
と書いてあったので、うひゃ〜あんまり上見ちゃダメだな。と思いながら、
下を向いて足早に通り過ぎようとしたら、
な、なんと!地面がすごいことにっ(滝汗)
ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/ぎゃ〜〜
薬で追われた毛虫さんがあちこちに点在していて
ぴょんぴょんしながらお買い物に出かけたのでした(^▽^;)
頭上注意はフェイントですよねぇ(笑)
さて、今日も爽やかないい天気♪
筍祭りが終わったと思ったら(笑)
そろそろ毎年恒例のお豆祭りが始まりそうです。
数日前に、毎年お豆を送ってくれる和歌山の知り合いから
←きぬさややスナップえんどうをどっさりいただきました♪
うれしい〜(*^-^*)
実は、今月のお料理教室メニューの豆ご飯、
採れたての甘いエンドウをみんなに食べてもらいたくて、
知り合いに「エンドウ豆はある?」って聞いたら
さやエンドウと空豆が採れるのはゴールデンウィーク頃だよ!
と、言われて断念したのでした。


今市場に出回っているのはハウスもので、
お日様をしっかり浴びた露地物の出番はこれから。
しかも、露地物の収穫時期はほんの2週間くらいなんだそうです。
で、来月に教室で使う予定の空豆は
「スクスクと育ってるよ〜!」
と言う、嬉しい言葉をいただきました(笑)
露地物は、味が濃くて甘くて最高においしいのよね。
たのしみ〜♪
今回は、いただいたお豆のうちの
スナップえんどうを早速いただきました。
見て〜!さやえんどうか?!と見間違うくらいに
このぷくぷくと太った姿(笑)→
太っているからと言って、硬いわけじゃなくて
中のお豆は柔らかいんですよ〜(^-^)v


甘くて瑞々しいスナップえんどうは、
柔らか〜く仕上がる余熱法で炒めた豚肉と一緒に、
サッとシンプルに、胡麻の風味を活かして塩だけで味付けしていただきました。
むふふ♪なんて贅沢(笑)
送ってくれた知り合いに、感謝、感謝であります(*^-^*)

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

「豚肉とスナップえんどうのごま塩炒め」
【材料】
3人分
豚モモ塊肉又は生姜焼き用などの厚めのもの250g
塩コショウ
片栗粉適量
スナップエンドウ150g
刻みネギ大さじ2
サラダ油大さじ1
ごま油大さじ1
日本酒大さじ2
塩コショウ
炒りごま大さじ1
【作り方】
  
1.【下ごしらえ】
  豚肉は5mm程度にスライスして、肉叩きや麺棒で軽く叩いて繊維を潰し、
  軽く塩コショウしてから片栗粉をまぶしておく。

2.【炒める】
  フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を焼く。
  強火でサッと、両面が白くなるまで焼いたら一旦取り出す。
  ごま油を足して熱し、ネギを炒める。
  香りが立ったらスナップエンドウを炒め、色が鮮やかになったら
  豚肉を戻して日本酒を振りかける。
  塩コショウで味付けし、最後に炒りごまを混ぜたらできあがり。

味付けは塩のみなので、少ししっかり目に振った方が◎です。
豚肉は余熱で火が通るので、最初にしっかり焼きすぎないように注意します。
これってヒレ肉??と思うくらい、柔らか〜く出来上がりますよ( ^ー゚)♪

きぬさやは高野豆腐と玉子とじに。
あとは新タマネギのサラダなんかと一緒にいただきました。
幸せ〜 (*´д`*)ハフン♪
そうそう、もう一つ幸せが…
先日、総アクセス数が400万人を突破しました!
レシピ本を出版した時は200万人台だったのに、
あっという間に倍になっちゃいました(^▽^;)
いつもaicafeを見に来ていただいて、本当にありがとうございます。
まだネタは尽きそうにないので、もう少しは続けられそうです(笑)
がんばれよ〜!と、これからも
←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)