茶巾寿司


最近一人ご飯が多いんですよね(^-^;)
一人の時は余り物整理のおかずで楽したいワタシ。
今回は、先日ひじきのお稲荷さんを作ったときに冷凍して置いた寿司飯を
薄焼きタマゴに包んで茶巾寿司にしてみました。
本当は、寿司飯だけを食べようかと思ったんだけど(笑)
こういう時は練習練習。失敗しても誰も見てないよね?(* ̄m ̄)ムフフ
でも、作ってみると以外に上手くできあがってしまって一人で喜んじゃったり(笑)
自画自賛とはこの事ね(^-^;)
←今回中に入れたのはこんなご飯でした。
寿司飯じゃなくても、ケチャップ味のご飯で茶巾オムライス(?)にしてもおもしろそうですよね。
菜めしやゆかりご飯でもいいと思います。
お友達とおうちでランチの時や、小さいお子さんには喜んでもらえるんじゃないかなぁ(*^-^*)



「茶巾寿司」
【材料】
1人分
タマゴ1個(一人に1個)
塩ひとつまみ
片栗粉又は小麦粉小さじ1+水小さじ2
サラダ油少々
寿司飯などのご飯小さめのお茶碗8分目
三つ葉1〜2本
人参少々
ひじきの寿司飯のレシピはこちらです。
三つ葉はサッと熱湯にくぐらせておきます。
人参は方抜きし、ダシ汁に塩、醤油、みりん少々を入れて茹でておきます。
【作り方】
  
1. 【薄焼きタマゴを作る】
  ボウルにタマゴを溶き、片栗粉か小麦粉を水で溶いて混ぜ、
  塩ひとつまみと一緒にタマゴに加えてよく混ぜる。
  フライパンに薄く油を塗り、薄焼きタマゴを作る。
  お皿に移して冷ましておきます。

2. 【包む】
  タマゴが冷めたら真ん中にご飯を置き、
  ヒダを寄せながらタマゴの端を持ち上げていきます。
  茹でた三つ葉で結び、口を少し広げて人参を飾って出来上がり。


タマゴに片栗粉か小麦粉を水で溶いたものを加えると
しっかりした破れにくい薄焼きタマゴに仕上がります。
錦糸玉子を作るときも、破れにくいので細く綺麗な錦糸玉子に仕上がりますよ(^-^)
ご飯は真ん中に、少し少ないかな?と思うくらいの量が上手に包めると思います。
あんまり欲張って入れると、口が締まらなくなっちゃうの(汗)←経験あり(笑)
本当は、三つ葉で結ぶときに、誰かにタマゴを持っててもらうとやりやすいんですが…
一人じゃ無いときは、ぜひネコの手借りてくださいね♪
GOOD LUCK!!

人気blogランキングに参加しています。
おいしそう〜♪と思って下さったら
Blog ranking ←ぽちっとクリックしてくださいね(^-^)
応援ありがとうございます♪

(Visited 1 times, 1 visits today)