秋限定!むかごご飯


友達から、めずらしい食材『むかご』をいただきました。
初めて見る方も多いんじゃないかな?
むかご→零余子って書くんですよ〜
私、漢字で書いてあったら読めないかも(笑)
これを入れて炊いたご飯、零余子飯は、俳句の秋の季語でもあります。
そう、今だけの季節限定って言うわけね(^-^)
豆なのか実なのか?見た目は1cmほどのコロコロとした丸い粒。
(←洗ってザルに上げた状態です。)
実はこれ、山芋の赤ちゃんなんですよね。
山芋の葉っぱの付け根にできるコブみたいなもので、
それが地面に落ちて埋まり、芽が出ます。
山芋として食べられる大きさになるまでは
2年くらいかかるそうですが、
むかごは地上にできる球根みたいなもの…というわけです。
これ、お味はちゃんと山芋なんですよ〜
小指の先ほどの、ミニミニサイズのお芋がいっぱい♪
なんだか可愛いでしょう?(*^-^*)


もちろん、山芋の赤ちゃんだけあって(?)栄養たっぷり♪
山芋の栄養がそのまんまギュ〜っと詰まってます。
半分に切ってみました→
小さいくせに、ちゃんとネバ〜っと糸を引くのよね。
ぬめりがあるのが分かるかしら?
粒の大きさも色々あって、1cm前後のものだと
皮も気にならずに食べられます。


これ、季節を感じる食材として、懐石料理なんかによく使われるみたいで、
炊き合わせに数粒散らしてあったのを、以前お店で食べた事があります。
今回は、ベーシックなむかごご飯と、
ちょっとしたお酒のおつまみにもなる炒め物を作りました。
うちの家族達は初むかご!(笑)
特に娘は初めて見たらしくて、
娘「これ、何?? 豆?」
と言いながらむかごをツンツン(笑)
食べたら分かるわよ(* ̄m ̄)ぷ
おかずが色々あったので、ご飯は塩味だけのシンプルな味付けです。
方や炒め物は、ご飯のおかずにもなるしっかり目の味付け。
さて、どちらがおいしいか?
むかご料理2品の、味の競演でございます(笑)
  人気ブログランキングへめずらしい〜!と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


「むかごご飯」
【材料】
2合分
米2合
むかご100g程度
水360cc
日本酒大さじ1
だし昆布10cm角程度1枚
塩(粗塩)小さじ1
【作り方】
1.【下準備】
  米は炊く30分くらい前には研ぎ、ザルに上げて水気を切っておく。
  だし昆布は、はさみで数カ所切り目を入れておく。
  ムカゴはザルに入れてよく洗い、水気を切っておく。

2.【炊く】
  炊飯器の内釜に米と水を入れ、日本酒と塩を加えてよく混ぜる。
  そのまま炊飯器にセットし、上にダシ昆布とムカゴを乗せて炊きます(混ぜません)
  炊きあがったら昆布を除け、良く混ぜ合わせてできあがり。

これ、小さいくせにホクホク感があって、
ちゃんと山芋なんですよ〜
ツンツンしていた娘も気に入ったみたいで(笑)
ご飯に味が付いていないと食べられない彼女も
「豆ご飯みたい♪」と、パクパク食べてました(^-^)v
さて、もう1品の炒め物。
家族にはこっちの方が人気だったかな?
少し長くなってしまいそうなので、レシピは明日に続きます(^-^)
お味はなかなか好評で、他の食材でも応用できると思うので、
ぜひ見てみてくださいね!
むかごの断面写真、初めて見た!と言う方は(笑)
人気ブログランキングへ ←ポチッと一押ししてくださったらうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)