湯豆腐と筑前煮の和な晩ご飯


先日、湯豆腐が無性に食べたくなって、作ったのはいいけど…
湯豆腐って、ご飯のおかずにはちょっともの足りなくて
他のおかずに悩むのよね〜(´〜`;)
まぁ作るのが簡単だから、おかずには入らないかもしれないけど(汗)
寒い日に、アツアツのお豆腐をおいしいおダシでいただくのは
日本に産まれてヨカッタ〜♪的な喜びがありますよね。
今回は、そんな日の献立です。

湯豆腐は、土鍋に水を張り、ダシ昆布を浸して火にかけ、
一煮立ちしてきたら、食べやすい大きさに切った絹ごし豆腐を放り込むだけ!
少し煮てお豆腐が浮いたら食べごろです。
これも煮過ぎるとかえってお豆腐が硬くなっちゃうのよね。
なので食べる分だけ少しずつお鍋に入れるのが正解(^-^)v
付けつゆは、我が家常備の便利つゆです。
(ダシ汁200ccに、みりんと醬油各80ccを入れて一煮立ちさせたもの)
そこに好みでネギや生姜、鰹節なんかの薬味を入れていただきます(*^-^*)
結局一緒にいただいたのは、筑前煮と鯖のごま照り焼きでした。
筑前煮は、新ごぼうを見つけたのでこれに決定( ^ー゚)♪
おなじみの鶏肉、れんこんや里芋、人参なんかの他に、
今回は彩り良く茹でブロッコリーやきぬさやなんかも入ってます♪
これはサッと茹でておいて、筑前煮ができあがってきたら最後に加えて混ぜるだけ。
そして最後の最後にごま油を少したらして、艶と香りをプラスするとおいしいのよね♪
いつもの煮物も良い香りで、お腹がぐぅ〜ですぞよ(笑)

鯖のごま照り焼きは、以前レシピをアップしてますが、
(レシピはこちら
今回は小麦粉をまぶさないで、そのままシンプルにフライパン焼きにしました。
これはご飯がすすみますよ〜(^-^)v
青魚好きのダーリンは大喜び(笑)
お弁当のおかずにもおすすめです。

今回は、湯豆腐のレシピがあまりにも簡単過ぎなので簡単に書きました(^-^;)スミマセンネェ
あ、お豆腐は絹ごし以外に、充填豆腐の木綿でもOKです。
そうそう、お料理教室でお豆腐を使った時に
「充填豆腐って何?」っていう方が意外に多かったので、
ここでちょっと説明しておきますね。
スーパーなんかで買うお豆腐は、プラ容器に入ってますよね?
プラ容器に、直接豆乳(お豆腐の元になる大豆の絞り汁)を入れて、
そこに凝固剤を入れて固めたものが充填豆腐です。
お豆腐やさんで作っているお豆腐は、大きな型で作ってから切り分けて、
その後容器に入れてあります。
スーパーに置いてあるお豆腐も、充填豆腐と、作って切ってから詰めてあるお豆腐があって、
区別するには、容器とお豆腐の間に隙間があるかないかでわかります。
充填豆腐には隙間が無いんですよねぇ
ようするに、プッチンプリンみたいな感じと言えばよく分かるかな?(笑)
一般的に、充填豆腐は柔らかくて、木綿豆腐でも絹ごしみたいな質感です。
手作り、又は手作り「風」なのは、水気を切ってから固めるので硬いんですよね。
お豆腐の裏には木綿(?)の布目がついてます(^-^)
くずれたら困るお料理や、水気が少ない方が都合が良い時(豆腐ハンバーグなんかの時ね!)は
充填豆腐じゃない、硬めのお豆腐の方が向いてます。
買うときは、目的に合うものを選んでくださいね( ^ー゚)♪
知らなかった〜!って言う方は、一度お豆腐売り場で
じっくりお豆腐とにらめっこしてみてください(^-^)
お豆腐も奥が深いものですぞよ〜(笑)

(Visited 1 times, 1 visits today)