深川めし


アサリのおいしさを堪能する食べ方の1つとして、
深川めしがあります。
これ、ほんっっとうに美味しいの 〜(*´д`*)ハフン♪
アサリのダシを吸ったごはんに生姜とネギ。
想像しただけでもおいしそうでしょ?
江戸時代に、深川の漁師がアサリの味噌汁(味噌煮かな?)を
ご飯にかけて食べたのが深川めしの始まりだとか。
味噌汁ぶっかけご飯かぁ…
あれはあれでおいしいのよね(笑)
暑くて食欲の無い時に、冷や汁ぶっかけご飯なんて最高♪
麦茶茶漬けもいけるわね(* ̄m ̄)ムフッ
…あ、話がそれた?(^▽^;)
日本の文化を感じるご飯だなぁと改めて思います(笑)
アサリをご飯と一緒に炊いたりする方法もあるけれど、
身が縮んでしまうので、サッと味を付けてから
炊けたご飯に混ぜ込んでいます。
おもてなしにもピッタリ!…って言うよりも、
おいしいからみんなに食べさせてあげたい!って思ってしまいますよ(*^-^*)
とっても簡単です。ぜひ味わってみてくださいね!

人気blogランキングへ。  Blog ranking

「深川めし」
【材料】
2合分
あさり殻付き200g程度
酒50cc
油揚げ1枚(細切り)
ショウガみじんぎり小さじ2
刻みネギ適量
米2合
ダシ汁(あさりの返し汁と合わせて360cc)
塩小さじ1(岩塩や海の塩などの粗塩)
砂糖小さじ1/2
薄口醤油大さじ1/2
醤油大さじ1
みりん大さじ1
米は炊く30分くらい前に研いでザルに上げ、水気を切っておく。
ダシ汁の引き方はこちらです。
アサリはヒタヒタの海水くらいの塩水に浸け、お皿などで蓋をして砂出しをする。
塩を振り、貝同士を擦り合わせるようにして洗ってから使います。
【作り方】
  
1.【あさりを返す】
  フライパンを熱し、あさりを投入する。
  酒を回し入れたら蓋をし、中火で2分ほどあさりの口が開くまで蒸し煮する。
  口が開いたら火を止め、煮汁(返し汁)は取っておきます。
  あさりは身を殻から外しておく。

2.【ご飯を炊く】
  炊飯器の内釜にお米を入れ、規定の目盛りのところまで
  ダシ汁と返し汁を合わせて入れる。
  調味料を加えて混ぜ、上に生姜と揚げをドーナツ状に乗せてスイッチON!

3.【具の用意】
  ご飯を炊いている間に具の用意をします。
  小鍋に醤油とみりんを一煮立ちさせ、あさりのむき身を入れて絡め
  一煮立ちしたら火を止める。
  炊きあがったご飯に汁気を切って混ぜればできあがり。
  器にご飯を盛り、ネギを散らして召し上がれ〜!
  

この日は娘と2人だったので、
ご飯は2合しか炊かなかったんですよね。
なのでレシピは2合分になっています。
(すみません!)
もう少し多めに炊く時は、
アサリは300gくらいあったほうがいいかな。
味を見ながら各調味料を少しずつ増やしてください。
我が家のは、アサリを少々長く漬け込み過ぎたので
色がアレですが(笑)
ほどほどの所で取り出してくださいね。
一緒にいただいたのは、前回の茄子のマリネ
焼豚と豆腐のサラダなどなど。
おいしそう〜♪と思ってくださったら、
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)