氷ずんだ餅


EW(枝豆ウィーク)続いております〜(笑)
今回はおやつです(^-^)
あまりにも暑いので、冷た〜いかき氷を乗せたずんだ餅を作りました♪
枝豆の餡が、氷でだんだんお汁粉風になっていくんですよ〜♪
ん〜おいしい(*´д`*)ハフン♪
大阪・堺に『かん袋』という老舗の甘味処があります(お店の名前は豊臣秀吉が付けたんですって!)
ここ、「くるみ餅」というメニューがただ1品あるのみ。
ちいさな白玉のようなお餅を、緑色のゆるめの餡でくるんであるので「くるみ餅」なんです。
これがすんごくおいしいの。激美味っ(* ̄‥ ̄*)=3
緑色のあんこ、何のあんこなんだろう?ちょっと謎なんですよ。
ずんだ(えだまめのあんこ)みたいな色なのに、舌触りはこしあんのよう。
私、正直言ってあんこ、特にこしあんは苦手な方なんです(^-^;)
でも、これを初めて食べたときはその上品な味にビックリ!目からウロコものでした。
かき氷を乗せた「氷くるみ餅」は店内でのみ食べられる1品。
しかしお店はいつ行っても行列。しかも遅めに行くと売り切れ…
そりゃ〜そうだわね(-_-;)
我が家からはかなり遠い所にあるので、今回はくるみ餅に近いものを作ろうと頑張ってみました。
ずんだ餅、作り方は超シンプル!ヘルシーな夏のおやつにオススメです♪

「氷ずんだ餅」
【材料】

枝豆200g(約2袋くらい)
砂糖40g
水約80cc程度
塩小さじ3(枝豆茹で用)
白玉粉、または餅粉適宜
枝豆はサッと洗って端をキッチンバサミで切っておく。
【作り方】
1. 【枝豆を茹でる】
  鍋に水250ccを入れて塩小さじ3を溶かし、そこへ枝豆を入れて少し揉みます。
  そのまま蓋をして普通より少し柔らかめに茹でます(10分くらい?)
  茹で上がったらザルに上げて冷まし、サヤから出して、
  薄皮も同様に取っておきます。
2. 【裏ごす】
  裏ごし器で裏ごします。
  裏ごし器が無い場合はミキサーでもOK!
3. 【味付けする】
  砂糖を加え、水を少しずつ足していってお好みの緩さになればできあがり!
  (豆に塩味が付いているので、別に塩を加える必要はありません)
  少し冷蔵庫で冷やしている間に白玉やお団子を作ります。
  器に盛り、お好みでかき氷を添えてできあがり!
  

出来上がってすぐに娘と2人でとりあえず味見。
「おいしいね〜♪なんかどこかで食べたような懐かしい味がする」
「どう?」って聞く前に「おいしい」って言われると嬉しくなっちゃいますね(*´艸`*)ウフ
娘もあんこはダメで、普通の小豆は全く食べないんです。
今回は、滑らかに仕上げようと、裏ごししてからすり鉢でスリスリしてみました。
気合いを入れて作ってみよう!って言う方はやってみて下さいね。
とても滑らかに仕上がります(^-^)
ずんだ餅って宮城県名物ですよね。
私の母は宮城出身の人なんですが、今度もう1回作って持って行ってあげようかな♪
宮城には「ずんだラーメン」もあるよ!と在住の友達が言ってました。
味はちょっとビミョーなんだとか(笑)
でもちょっと気になりますよね(^-^)

 Blog ranking ←枝豆最高♪と思って下さった方、ぽちっとよろしくお願いします!
 みなさんのワンクリックがとっても励みになっています(^-^)イツモアリガトウ!

(Visited 1 times, 1 visits today)