水菜と豆腐のハリハリ風


一口飲めばほーっとする、ふんわりおダシのイイ香り♪
お吸い物の香りって大好きです(*^-^*)
こってり目のおかずの時は、他にあっさりした味が欲しくなりますよね。
家族が全員揃わないときは、鍋物風の汁物をよく作ります。
お吸い物よりも少しだけ濃いめの味付けで、
お豆腐や野菜をたくさん入れます。
今日は水菜と鶏肉でハリハリ鍋風にしてみました。
ハリハリ鍋は水菜の歯触りがハリハリしている…
と言うところから付いた名前。
鯨と一緒に食べるのが一般的です。
水菜は京都周辺で採れる京野菜で、別名『京菜』とも言います。
最近はどこでも入手できるようになりましたよね。
少し小ぶりで柔らかいものは、
サラダにしても歯触りが良くて美味しいです(^-^)
サッと茹でてお浸しにしたり。
かさがあるのでとても重宝するお野菜です。
歯触りが命なので、お鍋に入れたらサッと火を通すくらいにして
すぐにいただくのが一番美味しい食べ方です。
なので1度にたくさん入れずに、
食べる分だけ少量ずつお鍋に入れるのがコツ!
ハリハリ鍋、食べたことのない方は、
この機会にぜひお試し下さいね(^-^)

「水菜と豆腐のハリハリ風」
【材料】
4人分
水菜小株1/4(5cmくらいに切る)
鶏肉又は豚肉150g程度
豆腐1丁(色紙切り)
人参1/2本(3ミリくらいに切る)
あればキノコなど
『ダシ』
だし汁1250cc
酒大さじ1
塩(自然塩)小さじ1
みりん大さじ2
薄口醤油大さじ2
おいしいダシの取り方はこちら
人参はお花の型抜きで抜くと可愛らしいです(*^-^*)
(残った部分は細かく刻んで他のお料理に使いましょ♪)
【作り方】
1. 【ダシを作る】
  鍋にダシ汁を作り、煮えにくい人参を先に入れて少し煮る。
  5分ほど煮たら、調味料を入れて味を整える。
2. 【具を入れる】
  まず肉類、次にキノコや豆腐、そして食べる直前に水菜を入れます。
  水菜を入れて再沸騰したらすぐに火を止めます。
  器に盛って暖かいうちに召し上がれ!

湯気でぼやけててすみません(^-^;)

人気blogランキングに参加しています。
ワンクリックしていただけたらウレシイです!どうぞよろしくm(_ _)m
我が家は柚七味を振りかけています。
これ、とってもイイ香りでこういうお汁物にはピッタリ!
お好みで七味などを振りかけてくださいね。
お鍋の味付けなので、このまま量を増やせばハリハリ鍋が楽しめます。
今回我が家は鶏肉でしたが、水菜はあっさりしているので
関西の普通のおうちでは、豚肉や油揚げなどを入れて少しコクを出すようです。
おいしいですよ〜♪シメはぜひおうどんで!!

(Visited 1 times, 1 visits today)