柔らか豚の甘辛炒め&ご報告


豚もも肉の塊肉を買ったんですよ(^-^)
塊肉って、あんまり使い道が少なそうで…実はその逆だったりするのよね(笑)
大きいままでもいいし、切れば小さくなって変幻自在(?)
もも肉だと脂身を取る手間も要らないから、私は大助かり(笑)
今回は、スライスしてたっぷりの野菜と一緒にソテーしました。
味付けは、ご飯にぴったりな甘辛味♪
そして硬くなりがちなもも肉を、余熱法で柔らか〜く仕上げました。
この方法、以前鶏の胸肉でもご紹介してますが、
周りが白くなる程度にサッと炒めてから一旦取り出し、少し置いて余熱で火を通します。
豚肉なのに、上等の牛肉のような柔らかさになるんですよ〜(^-^)v
片栗粉をまぶすので、旨味も逃げず、舌触りもつるりと仕上がります♪
少し厚みのあるほうが柔らかさを実感できるので、
塊肉をスライスするか、生姜焼き用などの厚めのお肉で作るのがおすすめです。
ぜひお試しくださいね!

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

「柔らか豚の甘辛炒め」
【材料】
3人分
厚切り豚肉(もも又はロースなど)250g〜300g(塊肉をスライスしてもOK)
塩コショウ
片栗粉適量
グリーンアスパラ1束(3cm程度に切る)
ブロッコリー1/3株(小房に切る)
タマネギ1/4個(スライス)
赤パプリカ1/4個(スライス)
サラダ油
『合わせ調味料』
日本酒大さじ2
醤油大さじ2
砂糖(上白糖)大さじ1
合わせ調味料は、前もって材料を全て混ぜ、砂糖を溶かしておく。
【作り方】
  
1.【下ごしらえ】
  アスパラとブロッコリーは、塩(分量外)を少し入れて一緒にサッと茹で、
  ザルに上げて冷水で色止めし、水気を切っておく。
  豚肉は5mm厚さにスライスし、包丁の背で軽く叩いてから塩胡椒し、
  片栗粉をまぶしておく。

2.【炒める】
  フライパンにサラダ油(大さじ1〜2)を熱して豚肉を並べ、色が変わったら返し、
  両面が白くなった程度で一旦器に取る。(しっかり炒めない事)
  サラダ油を少し足してタマネギを炒め、しんなりしてきたら他の野菜も加えて炒める。
  豚肉を戻して混ぜたら、合わせ調味料を回し入れて混ぜながら炒める。
  全体にタレがしっかり絡まったらできあがり。

一緒に炒める野菜は、おうちにあるものを利用してみてくださいね。
しめじやエリンギなどのきのこを入れても良く合います(‘∇^d)
冷めてもおいしいので、残ったらお弁当のおかずにもいいかもしれません。
(少し硬くなっちゃうと思うけど^^;)
我が家は、大根の中華煮人参のナムルなんかと一緒にいただきました。
お肉も野菜もたっぷり食べられて、満足な晩ご飯でした♪
そうそう、みなさまにご報告があります。
以前このブログで、心臓移植のためのドイツ渡航費用を支援してくださいとお願いした、
「敬助君を救う会」ですが(詳しくはこちらをご覧ください)
目標額以上を達成し、昨日ご両親からのお礼と報告の記者会見がありました。
募金活動は終了し、3月16日にドイツへ渡航する事になったそうです。
やったわ〜!!(^▽^)v
敬助君のお母さんからはメールをいただんですが、
言葉にできないくらい感謝している…とおっしゃってました。
色々とご協力をいただいた方々に、私からも深く感謝いたします。
ホントにホントにありがとうございました!!
いや〜世の中捨てたもんじゃないわね(*^-^*)
こんなにたくさん心優しい人がいるんだ!と、感動しちゃいました。
イヤな人も多いご時世だけど、そういう人達がかすんで見えましたよ。
敬助君にはがんばってもらって、ぜひ笑顔で帰って来てほしいと思います。
待ってるね〜!

いつも応援ありがとうございます!
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)


人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)