春の和プレート♪豆ご飯と鶏の鍋照り焼き、うずらの味玉


100均をウロウロしていたら(笑)可愛いごはんの型抜きを見つけました♪
これで松花堂風に豆ご飯を盛りつけたら、ちょっといい感じじゃない?
赤米ご飯なら桜の雰囲気で素敵かも!
右脳にチラチラっ☆と閃いたのでお買い上げ〜(笑)
早速豆ご飯で試してみました(^-^)

一緒に盛りつけたのは、シンプルな鶏の照り焼きと、うずらの味玉。
うずらに使った竹串も、以前100均で購入したものだけど、
和の雰囲気アップに大活躍してくれています。
そして長方形のお皿!これ、買ってヨカッタ〜(*^-^*)
(残念ながらこれは100均ではありませんが…)
サンドイッチ用に…と思って購入したけれど、
プレートランチやお魚、アスパラなんかはコレ!!
27.5×15ほどの大きさですが、1つあると重宝しますよ〜
盛りつけが楽しくなる1枚です。

「鶏の鍋照り焼き・ウズラの味玉」
【材料】
3人分
鶏肉(もも又は胸)1枚
サラダ油大さじ1
醤油大さじ1
酒大さじ1/2
砂糖小さじ2
みりん大さじ1
炒りごま又はケシの実適宜
うずらタマゴ(茹で)6個
ししとう6個
あれば大葉、プチトマトなど(彩り用)
『便利つゆ』
ダシ汁200cc
みりん80cc
醤油80cc
豆ご飯のレシピはこちらをご覧下さい。
便利つゆは全てを合わせて鍋に入れ、一煮立ちさせておきます。
【作り方】
  
1. 【味玉を作る】
  器に便利つゆを入れ、うずらのタマゴをヒタヒタに漬け込んでおきます。
  15分くらい漬け込めばOKです。

2. 【鶏肉を焼く】
  フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を皮から焼きます。
  両面に焦げ目が付いたら火を弱めて蓋をします。
  八分通り火が通ったら(お箸などで押さえてみて弾力があったら火が通って来た証拠)
  調味料を入れ、絡めながら少し煮詰めます。
  この時にししとうを加え、一緒に炒めながらタレを絡めておきます。
  鶏肉がいい色になって艶が出て来たらできあがり。
  粗熱が取れたらそぎ切りにしておきます。

3. 【盛りつけ】
  味玉はししとうと、串や爪楊枝に刺しておきます。
  器に豆ご飯を盛りつけ、鶏肉、味玉を横に盛りつけます。
  鶏肉にタレを少しかけ、胡麻やケシの実などを振りかけてできあがり。
  大葉やプチトマトなどを添えると彩りがきれいです。


ダーリン「あ、今日は豆ご飯や〜♪(*^-^*)」
ちょっと目を引いたかな?(*´艸`*)ウフフ
今日の豆ご飯は、豆をご飯に入れずに炊いて、
後から塩ゆでした豆を炊けたご飯に混ぜてみました。
色合いは断然こちらのほうが奇麗です。
でも、美味しさはやっぱり一緒に炊いた方が上かなぁ
どちらでもお好みで試してみてくださいね。
そうそう、「便利つゆ」は、我が家で常備している便利なつゆです(そのまんま!笑)
冷蔵庫に入れて1週間くらいは保存できます。
麺つゆや、お豆腐や揚げ物にかけたり、ダシ醤油としてご利用くださいね(^-^)

人気blogランキングに参加しています。
みなさまのポチッに支えられて日々更新にがんばっております!
おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!

(Visited 1 times, 1 visits today)