新しい調味料で!ハーブ茹で鶏


先日、SKWイーストアジアさんからのご厚意で、
お料理教室で試食してくださいと、調味料の試供品を色々いただきました。
SKWイーストアジアさんは、ドイツの岩塩『アルペンザルツ』や、
缶入りスプレータイプのホイップクリーム『ザーネワンダー』を輸入しているところ。
特にザーネワンダーは、以前aicafeでも私のお気に入りとして登場しているので
ご存知の方もいらっしゃると思います。

じゃ〜ん♪ 並ぶと壮観(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォ
アルペンザルツって、輸入食材を置いているお店で見かけた事はあったけど、
こんなに色んな大きさがあるなんて知らなかった〜!
一番小さいサイズは食卓にも置いておけそうで可愛いの♪
その中で一番気になったのが、ハーブ入りアルペンザルツと
ザーネワンダーのチョコ!
ホイップクリームのチョコ味って珍しくないですか?
しかもシュッと一押しでいつでも味わえるなんて、魅力的〜 (*´д`*)ハフン♪

←ハーブ入りアルペンザルツはこんな感じ(緑のパッケージ)
思ったよりもハーブの割合が多くてビックリ!
パセリ、セロリ、オニオン、バジル、ディル、マジョラム、
ベイリーフ、ローズマリー、オレガノ、タイムの
10種類のハーブが入ってるそうです。
どんな味か知りたくて、とりあえず
ハーブアルペンザルツから早速試してみました。
今回は、茹で鶏にこれで風味を付けてみようというわけです。


茹で鶏の作り方は、鶏ハムと似た感じかな?
鶏ハムみたいに日にちを置かなくても良いから、せっかちさん向けかも(笑)
火を止めてから鶏肉を入れ、放っておいたらできあがり〜の手間要らず。
以前オイルを使ったコンフィ(低温調理)をご紹介してますが、
オイルじゃなくて、お湯を使います。
これがなかなか( ^ー゚)♪
びっくりするほどしっとり柔らかく仕上がるんですよ〜
ちょっとしたご馳走風にもなるので、ぜひトライしてみてくださいね!
  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


「ハーブ茹で鶏」
【材料】
3〜4人分
鶏胸肉1枚
ハーブ入りアルペンザルツ又は塩&ハーブ(お好みで)小さじ1程度
日本酒大さじ2
キャベツ1/4個(ざく切り)
サラダ油大さじ1
カレー粉(カレーパウダー)小さじ1/3
ハーブ入りアルペンザルツは、塩とハーブで代用できます。
(ハーブの種類は上記参照)
【作り方】
1.【下ごしらえ】
  鶏肉は、フォークなどを使って全体に軽く穴を開ける。
  ハーブ入りアルペンザルツ小さじ1又は、塩(粗塩)小さじ1とお好みのハーブをまぶす。
  そのまま10分〜15分置いて味を馴染ませる。

2.【茹でる】
  鍋に鶏肉がしっかり漬かるくらいの湯を沸かし、
  日本酒を入れてさらに一煮立ちさせる。
  アルコール分が飛んだら火を止め、鶏肉をそっと浸して蓋をする。
  そのまま約1時間放置したらできあがり。

3.【仕上げ】
  フライパンにサラダ油を熱し、キャベツを炒める。
  しんなりしたらカレー粉とハーブ入りアルペンザルツ(又は塩コショウ)で味を調える。
  器に盛り、上にスライスした鶏肉を並べたら完成。
  お好みのソースで召し上がれ!

ハーブの割合が多いから、少し香りがきついかも…?
と思ったけど、全然そんなことなくて、
ハーブが細かいからか、バランスが取れているというか…とても上品な香りでした。
付け合わせのキャベツにも使ったけど、お野菜にもバッチリです♪
これって、お肉やお魚に振りかけて焼いたら、とりあえずハーブ焼きができるわよね?
何もネタが浮かんで来ない時には、非常用として使いたいかも(笑)
茹で鶏にかけたソースは、なんちゃってのシーザードレッシングです(^-^;)
そうそう、来月のお料理教室メニューには「シーザーサラダ」が登場予定です。
こちらは本格的。本物のシーザーサラダですから〜

一緒にいただいたのは、久しぶりのボンゴレロッソでありました。
アサリうま〜〜〜 (*´д`*)ハフン♪
どうしてこんなに良い味が出るんだろう?
おいしいと、黙々と殻から外すのも楽しいもんですなぁ(笑)
いつも応援ありがとうございます!
おいしそう〜♪と思ってくださったら人気ブログランキングへ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)