手羽先のエスカベッシュ・エスニック風


なんかこう…がっつりムシャムシャと手羽先が食べたくて、
でもこってり甘辛い味はイマイチだな〜と、エスカベッシュにしてみた。
(揚げてからタレに漬け込んでマリネする南蛮漬けです)
味はあっさりめの甘酢風。
ナンプラーも入れて少しエスニック風にしてみました。
スウィートチリを少し和風にした感じと言った方がいいかな?
手羽は3度揚げしています。
面倒くさそうだけど、ずっと同じ温度で30秒くらいずつ揚げるだけだから
じっくり時間をかけて1〜2度揚げするよりもかえって楽なような気もします。
これも余熱を利用するので、中はしっとり柔らかでジューシー♪
とっても美味しく出来上がりますよ〜
冷蔵庫に入れておいて、翌日になっても柔らかいままです(*^-^*)
今回は手羽の先っちょは切って、食べやすくしました。
捨てずにスープのダシに利用したら、おいしいチキンスープのできあがり♪
一石二鳥もしっかり狙ってます(笑)
手や口の回りは気にしないで(^▽^;)
ガブッといきましょう!


「手羽先のエスカベッシュ・エスニック風」
【材料】
3人分
手羽先12個
塩コショウ
酒大さじ1/2
醤油大さじ1
片栗粉大さじ3
卵白1個分
サラダ油適宜(揚げ用)
タマネギ小1/4個(薄くスライス)
パプリカ、ピーマンなど(スライス)
キュウリ1本(蛇腹に切って塩をしてしんなりしたらサッと洗う)
にんにく2片(叩き潰す)
唐辛子1〜2本(種を取ってちぎる)
『漬け込みダレ』
酒100cc
酢80cc
醤油大さじ1
ナンプラー大さじ1
砂糖大さじ2
ダシ汁少々(お好みで入れる)
タレはあっさり目が好きな方はダシで少し割り、小鍋で一煮立ちさせて冷ましておきます。
【作り方】
1. 【下ごしらえ】
  手羽は先っちょを関節のところで切り離します。
  軽く塩コショウして酒と醤油をまぶしてよく揉み込み、下味を付けておきます。

2. 【漬け込みダレの用意】
  ホウロウかガラス、陶器などの器に、一煮立ちさせておいたタレを入れ、
  ニンニクと唐辛子を加え、タマネギ、パプリカ、きゅうりも入れて漬け込む用意をしておきます。
  (酢が入るので金属性の器はさけます)

3. 【揚げて漬け込む】
  鶏肉に片栗粉と卵白を加え、手でグルグルとよく混ぜます。
  まず、少し高温(180〜190度)の油で30秒くらい揚げて、
  衣が固まって回りが白くなったら引き上げます。
  30秒くらい休ませて(余熱を利用します)又30秒揚げて…と3回くらい繰り返します。
  2つか3つのグループに分けて、ローテーションしながら揚げると待つ事なく揚げられて楽です(^-^)
  小ぶりのものなら3回、大きい物なら4回揚げくらいがいいかな?
  油を切ったら、熱々のうちにタレに漬け込んで行きます。

4. 【仕上げ】
  粗熱が取れたらそのまま冷蔵庫で暫く冷やします。
  時々上下を返すと味がよく馴染みます。
  1時間〜一晩、お好みの漬け込み具合で召し上がれ♪


すぐに食べるのなら少し濃いめのタレで、
数時間置くなら少しダシで割った方が美味しいかもしれません。
その辺はどうぞお好みで味を整えてくださいね。
ナンプラーが入ると、あの独特な匂いがチョット…と思う方もいらっしゃる?
が!お酒とニンニク効果でアノ匂いは全く気にならず。
旨味だけが残るんですよ(*^-^*)
香菜(パクチー、コリアンダー)が好きな方は、
食べる時にぜひいっぱい乗せて食べてみて下さい。
すごくよく合いますよ〜♪
我が家のベランダパクチーは、ただ今花が真っ盛りで(種ができてる!)
葉が枯れちゃって今回は登場無しで残念!
来年はパクチーたっぷりで作る予定です(気の長い話だなぁ笑)
おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!

(Visited 1 times, 1 visits today)