手作り!豚のもも肉ハム


またしても手作りものの登場です!
と言っても、豚肉のハムは1度「ロースハム」で登場してますが(^-^;)
今回はもっとお手軽に、凧糸で縛ったりするのは無しです(笑)
温度計を持ってない方や、少しの量(200g程度)の塊肉でも作れるように、
茹で方の目安をアップしました(^-^)v
もちろん、温度計を持ってらっしゃる方は、
温度を測りながら作ると確実!
小さな塊肉なら30分、大きな塊肉(500g程度)なら1時間が目安です。
先日の手作りツナと同じく、70度程度でコンフィね( ^ー゚)♪
いずれもずっと火を付けている必要は無く、
少し早めに火を消して、そのまま置いて余熱を利用して火を通します。
これでしっとり柔らか〜いハムのできあがり!
鶏ハムと同じく、時間はかかるけど手間はほんの少々なのです。
我が家は今回、500gのお肉で作りました。
少し厚めに切ったから?(^▽^;)
見た目焼豚のようだけど(笑)
味はしっかりハムの味 。
温かいのも冷たいのも
どちらもいけるのよ〜 (*´д`*)ハフン♪
サンドイッチなんかに挟んだら、
とびきりのお味でビックリよ(笑)
うっすらピンク色がいい感じでしょ?
前回の写真では、500gの塊の約半分を豚カツに使って
残りをハムにしたんですよね。
(例の柔らか豚カツねw)
凧糸で縛らない自然のままの形なので
作るたびに色んな形になるのがおもしろいの(^-^)
もちろん、季節によって茹で時間なども少々変わって来るので
できれば鶏ハム同様に時々作って
「我が家のオリジナルハム」にしてくださったら嬉しいです。

人気blogランキングへ。  ←ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

「豚のももハム」
【材料】

豚もも塊肉200g〜500g
塩(粗塩や岩塩などの自然塩)肉の重さの1%〜2%の量
黒コショウ、セージ、ガーリックなどのハーブ適量
【作り方】
  
1.【下ごしらえ】
塊肉全体にフォークで軽く突き刺し穴を開ける。
塩とハーブ類をすり込み、お皿やバットに乗せ
ラップをして冷蔵庫で一晩〜1日寝かせる。
(できれば肉汁が落ちるようなバットを使うか、なければ器を傾けて!)



2.【茹でる】
(大きな塊の場合・500g程度)
鍋にお肉がしっかり漬かる程度の水を入れて火にかける。
小さな泡が立って湯気がフワッと上がるくらいになったら(70度です)
お肉を投入。
10ほど数えてから火を止め、蓋をして10分そのままで放置。
*蓋を開け、弱めの中火で1分加熱して火を止める→蓋をして10分放置。
「*」これをあと3回繰り返し、蓋をしたまま粗熱が取れるまで放置する。


  (ちいさな塊の場合・200g程度)
  お鍋にお肉を入れるところまでは同じです。
  10ほど数えたら火を止め、蓋をして10分放置。
  *蓋を開け、弱めの中火で1分加熱して火を止める→蓋をして10分放置
  「*」これをあと1回繰り返し、その後は蓋をしたまま粗熱が取れるまで放置する。
  *いずれも途中で竹串などを刺してみて、スッと通って
   赤い肉汁が出て来なければできあがりです。



3.【仕上げ】
  しっかり水気を切ってから薄くスライスします。
  茹で汁は、鶏ガラスープの素やコンソメを少し足して味付けすると
  おいしいスープになるので捨てずに利用してくださいね!

塩は、精製塩なら1%で充分です。
が、やっぱり粗塩を使った方が、まろやかな塩気でおいしいのよね♪
少し多いかな?と思う量がハムにはおすすめです。
(我が家は500gで大さじ1杯の粗塩を使いました)
お鍋は、できればぴったりと蓋のしまる厚手のものが最適です。
保温性が良いものは、10分置くところをもう少し置いてもいいかも。
いずれにせよ、加熱する時間はたったの数分ですから、
経済的ですよね〜 (‘∇^d)
一緒にいただいたのは、森のコーンスープ
茄子とベーコンの煮物。
これは前日に作ったおでんのダシ汁が残ってたので
サッと炒めたベーコンと茄子を入れて煮ただけ(^-^;)
でもこういうのって、いろんな旨味が出てて美味しいのよね♪
夕方におやつを食べたから晩ご飯はいらないと言ってた娘も、
いい匂いに引かれてやってきて
横から摘んで食べてました(笑)
昨日はダーリンが出張中で、(ほぼw)私一人の晩ご飯でした。
大丈夫!ダーリンの分のハムはちゃんと残しといたから(笑)
安心して、おみやげ買って帰ってきてね〜(* ̄m ̄)ムフフ

いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)


人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)