手作りロースハム


以前からやろうやろうと思っていたハム作り、今回ようやくトライできました!
鶏ハムじゃなくて、ロースハム♪そう、今度は豚肉です(^-^)
作り方は鶏ハムとほぼ一緒。
違うのは塩抜きをしない事と、茹でる所だけかな?
鶏ハムより厚みがあるので、その分長く茹でる事になります。
70度で1時間茹でるんですが…
温度計があると問題なく茹でられます。
写真の温度計はデジタル表示の高温まで測れるタイプのもの。
温度計が無い場合は??
ご安心を!茹で方は2通りあります(^-^)
鶏ハムを茹でる要領を数回繰り返すと同じように茹でられるようです。
塩抜きをしない分、鶏ハムよりは早くできあがるんですよ〜

待ちきれない私は、1時間茹でて、まだ温かいうちにスライス♪
中がどう出来上がってるかも気になるしね(笑)
う〜ん、すごくジューシーで肉汁がジュワッと出て来ます。
最初の一切れをパクッと味見。
おいしい〜 (*´д`*)ハフン♪
やっぱりちゃんとハムの味なんですよ〜♪
程よい塩加減、うっすら自然なピンク色。そしてなによりも無添加!
余計な物が入ってないから、ちゃんと豚肉の旨味たっぷり。
歯ごたえもブヨブヨしてなくて、しっかりした本物のハムです。
ヤッタ〜!!(^-^)v

「手作りロースハム」
【材料】
豚肉ロース又はモモ塊400〜500g
塩(粗塩などの自然塩)大さじ1
ハチミツ大さじ1
ハーブ(黒こしょう、セージ、ローズマリー、ベイリーフ、ガーリックなどお好みで)
料理用のタコ糸が必要です。
【作り方】
  
1. 【肉を縛る】
  ロースの場合、脂身が多い場合は少し削いでおきます。
  (もも肉を使う場合はそのままで。)
  脂身の方が外側になるように、手でグッと内側に丸め込むように丸く形作る。
  凧糸で端からグルグル縛って行きます。
  (できるだけしっかりと)

2. 【塩をまぶす】
  脂身の方に軽くフォークでプスプスと穴を開ける。
  (もも肉の場合は必要なし)
  塩とお好みのスパイスをまんべんなく全体にまぶす。
  密閉できる袋に入れ、上からハチミツを垂らし、
  空気が入らないように袋の口を閉じてから
  手でまんべんなく行き渡るようになじませる。
  そのまま冷蔵庫へ入れ2〜3日おやすみなさ〜い♪

3. 【茹でる(その1)】
  お肉に付いたハーブなどを流水でサッと洗い流し、
  鍋にお肉が浸るくらいの湯を沸かし、70度で約1時間茹でます。
  ずっと70度を保つように、時々火を消したり付けたりしてくださいね。
  (沸騰せずに白い湯気がふんわり立つ程度が目安です)
  凧糸を外してからスライスしてできあがり。

4. 【茹でる(その2)】
  温度計が無い場合は、鍋に湯を沸かし、
  沸騰したら火を消してお肉を入れ、そのまま15〜20分放置。
  (冬は15分、夏は20分でいいと思います)
  一旦肉を取り出し、再び沸騰させて同じ手順を繰り返します。
  3回くらいで、竹串を刺してみて火の通りをチェックします。
  スッと通ったら中まで火が通った証拠。抵抗があったらまだです。
  火が通るまで同じ手順を繰り返せばできあがり。


鶏ハムを作った事のある方は、茹でる所だけを注意すれば簡単に作っていただけると思います。
日持ちは鶏ハムと同じくらいだと思いますが
食べ切るのに時間がかかりそうな時は冷凍しておくのが◎
我が家はたぶん2〜3日で無くなる予定(笑)
そうそう、スパイスですが、
私はレシピに書いたものを使いました。
黒こしょうは外せませんが、あとはあるもので良いと思います。
茹で上がってからコショウをまぶして、
パストラミ風にするのも美味しそうですしね(^-^)
でも、色々入れるとやっぱり味が複雑になっておいしいですから
この機会に揃えてみるのも楽しいかもしれません。
ダーリン「うほ〜♪これで美味しいサンドイッチが食べられるなぁ」
パン好きのダーリンは嬉しそうでした(^-^)
写真の温度計、「温度計があったらハムとかも簡単に作れるんだけどなぁ…」
私がボソっと言った言葉を聞いていて、
以前ダーリンがアマゾンで本を買うついでにこっそり買って
プレゼントしてくれたんです。
彼的にはエビで鯛だったのかもしれません(笑)

人気blogランキングに参加しています。
みなさまのポチッに支えられて日々更新にがんばっております!
おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
1日1クリックしてくださると、とても励みになります。
応援どうぞよろしくお願いします!