手作りバジルペーストで♪タコとセロリのジェノベーゼ


このあいだ水に漬けておいたローズマリーに根が出てきました!
う、うれしい〜(T^T)
早く大きくなぁれ♪と唱えながら早速プランターに植えかえてやりました。
もう蟹になってしまった気分デス(さるかに合戦ね!(笑))
バジルも育ててるんですが、こちらはまだまだ使えるまでには育っていません。
で、昨日はバジルを買ってきて、久しぶりにバジルペーストを作りました。
ミキサーでぐぃーんとするだけ!
爽やかで鮮烈ないい香り♪作っていたら条件反射でお腹がグゥ〜です(笑)
1度このレシピブックにはアップしてますが、今回は多めに作ったので
もう一度材料などを書いておきますね。
そしてパスタはタコとセロリ入りのジェノベーゼです。
もうウットリするほどいいかおり(*´д`*)ハフン♪
イタリアンレストランで食べる味でしたよ〜♪
自画自賛だけど(笑)バジル好きなら虜になることは確かです!
 レシピの前に、美味しそう〜♪と思って下さった方は、
 
人気blogランキングに参加していますので
 ↑ポチッとワンクリックしていただけると嬉しいです(^-^)
 みなさんの応援がとっても励みになっています♪
「タコとセロリのジェノベーゼ」
【材料】
3人分
パスタ
タコ足1〜2本
セロリ1本
アンチョビーフィレ2枚
ニンニク1片(スライス)
オリーブオイル大さじ1
粉チーズ(パルミジャーノ)大さじ3
バジルペースト大さじ3
『バジルペースト』
バジル(リーフのみ)100g
オリーブオイル・エクストラバージン150cc
ニンニク2片(みじん切り)
松の実15g(約大さじ2)
塩(自然塩)小さじ1程度
バジルペーストの作り方はこちら
【作り方】
1. 【パスタを茹でる】
  鍋に湯を沸かし塩(分量外)を入れてパスタを茹でる。
  (茹で時間はパスタの説明にしたがって下さい)
  パスタが茹で上がる3〜4分前になったらフライパンを用意しましょう!
  
  
2. 【具を炒める】
  フライパンにオリーブ油とニンニク、アンチョビーを入れて弱火で熱し、
  アンチョビーをほぐす。
  火を少し強くしてセロリとタコをサッと炒める。
3. 【仕上げ】
  茹で上がったパスタを加え、バジルペーストとチーズを加えてよく混ぜ合わせます。
  (塩気が足りなかったら、パスタのゆで汁を少し加えて調節して下さいね)
  器に盛り、松の実(分量外)を散らしてできあがり♪

  
バジルペーストはパスタに使う分を先に取っておき、
残りはジャムの瓶などの空き瓶に入れて、
空気に触れないように上から5mmくらいオリーブオイルをソッと注いでおきます。
(空気に触れるとバジルが黒くなってしまいます)
本当は数日寝かせると味が落ちついて美味しくなるんですけどね。
でも作りたては素晴らしくいい香りがします(*^-^*)
ポテトやチキン、サラダにも♪ぜひ色々と活用して、
爽やかな香りを楽しんで欲しいなぁと思います。

  人気blogランキング←クリックありがと(*´д`*)♪

(Visited 1 times, 1 visits today)