大阪たこやきストーリー

更新、間があいちゃってすみません。
1年分のデータが無くなってから、当然溜まっていた写真も無くなったので整理する必要も無いわけで、
しばし放心しておりました(^-^;)
がっかりと同時に、ちょっと解放されたような、みょ〜な気分…
な〜んて言ってボーっとしてる場合ではなくて、
時間は容赦なく過ぎていくんですよねぇ(T^T)

写真のデータは消えてしまったけど、出かけた時に撮った写真が携帯の中にいくつか残ってました。
その中から、今回は「たこやき」画像をアップしますね(^-^)

お料理教室には、観光がてら遠くから来られる方も多くて、
レッスンが終わった後にどこへ遊びに行ったらいいか、おすすめスポットをよく聞かれます。
で、大阪で食べるものと言えば「粉もん」ですよね〜!
浪速っ子(なにわっこ)の私としては、お好み焼きやたこ焼きは、
観光客向けではなくて、やっぱり地元の人たちも太鼓判を押すおいしいのを食べていただいて、
「さすが大阪!何を食べてもはずれ無し^^」と、
おいしい思い出を作ってもらいたいなぁと思うのです。



見た目は潔いほどシンプル。
今津屋のラヂオ焼き、元祖たこやき、ネギ焼きの3種盛りです。↑
海苔もソースもかかっておりませんが、これがたこ焼きの原型と言うか、元祖たこやきの姿なのです。
ワタクシ、恥ずかしながら、少し前まではソース味が元祖で、
醤油味は最近できたものだと思ってたんですよね(^-^;)
が!実は逆で、今津屋の遠藤留吉氏が最初に開発したたこ焼きは、ダシと醤油が入ったもの。
これが外はカリッ♪中はトロ〜っと、
しつこくなくて、冷めても味が落ちずにおいしいんだなぁ(*´д`*)ハフン♪
もちろん、ソース味が劣ると言うわけではなくて、こちらは別物の味。
味が違うからこそ、いくらでも食べられるのよ〜(笑)
ぜひソース、醤油の両方を食べていただきたいのです。



この真っ黒いのはいったい!???Σ(・ω・ノ)ノ
見た目のインパクトは抜群(笑)

こちらは、なんばこめじるしにあるたこやきらぼの「黒塩たこやき」9個500円なり。
黒いのはイカスミか??と思ったら、竹炭が入ってるらしいです。
見た目はすごいけど(笑)食べたらまったりあっさりな味で、これがなかなかいけるのよ〜♪


こちらはダーリンが注文した「チェダーチーズ」9個540円。
まったりコクのある味は、おこちゃまにもウケるかも。
私が頼んだ黒塩たこやきと半分こしていただきました。
他のメニューはたこやきBLOGをチェック!




こちらはたこやきバールということで、お酒もいろいろ♪
どちらかと言うと大人のためのたこやき屋さんかな。
おいしい創作たこやきがいっぱいあって、何を頼もうか迷ってしまうくらい。
たこやき以外に居酒屋メニュー(鶏ハムもあったよ〜!)もいろいろあっておすすめです。
カウンターだけの小さなお店だけど、中はちゃんとエアコンも効いてました。
気軽に寄れて、外のテーブルでも食べられるし、ちょっと穴場的なたこ焼き屋さんです。



何度見ても黒いわ〜!(笑)
大阪(難波)に来たら、話のタネにいかが?
泡がすすみますぞよ〜( ^ー゚)♪


いつも応援ありがとうございます!今日も人気ブログランキングへ←ポチッと一押し、応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

 

 

(Visited 1 times, 1 visits today)