大人のビーフシチュー


ダーリン「ただいま〜!…おっ!?今日はなんかごちそうな匂いがする〜♪」
いつもは嗅いだ事のないような良い匂いがしたらしくて、
今日は匂うからにしてごちそうな香り(?)が家中に充満していると、
仕事から帰って来るなりキッチンへ吸い寄せられて来たダーリン(笑)
そういうことだけは敏感なんだなぁ(^-^;)
先日、2人でお買い物に行った時に煮込み用の牛肉が安かったのでGET。
それをコトコト煮込んでいたのでした。
最初はワインたっぷりでワイン煮にしようと思ったんだけど、
飲み残しのワインが少ししかなくて断念(-_-;)
ワイン煮のようなシチューのような…ワイン多めのビーフシチュー?
と言う事で、ちょっと大人の味のビーフシチューになりました。
脂身の少ないお肉を使ったから、
そう言う点でも大人向けって言えるかな( ^ー゚)♪
しかし…匂いだけでここまで分かるとは(^▽^;)
ある意味才能だな(笑)

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

「ビーフシチュー」
【材料】
3人分
牛塊肉又はカレー・シチュー用400〜500g
塩、黒コショウ
赤ワイン大さじ2
小麦粉
たまねぎ小1/2個
人参1/3本
セロリ1/2本
(イタリア種)トマト水煮2つぶ
バター大さじ1(10g程度)
サラダ油大さじ1
赤ワイン100cc
スープ500cc(水+ビーフコンソメの素1個)
ベイリーフ(月桂樹の葉)1枚
塩、黒コショウ
生クリーム適宜(お好みで)
人参、ジャガイモ、きぬさやなど適量(付け合わせ用)
野菜は粗みじん切りにしておく。
【作り方】
  
1.【下ごしらえ】
  牛肉は、塊の場合は一口大に切り、
  軽く塩コショウをすり込み、赤ワインを振りかけて暫く置いて漬け込む。

2.【炒める】
  牛肉は水気をキッチンペーパーで拭き取り、小麦粉をまぶす。
  鍋にバターとサラダ油を熱し、肉を焼く。
  焦げ目が付いたら一旦取り出し、タマネギ、人参、セロリを炒める。
  しんなりするまで最低5分はしっかり炒めます。

3.【煮る】
  肉を戻し入れ、小麦粉大さじ1/2を振り入れてサッと炒め、
  赤ワインとスープを注ぎ入れて煮る。
  トマトを手で握りつぶして加え、沸騰してきたらアクをすくい取る。
  とろ火で静かに1時間半〜2時間煮込む。

4.【仕上げ】
  肉を煮ている間に付け合わせを用意する。
  人参は煮てグラッセに、ジャガイモは茹でてからオリーブ油で揚げ炒め、
  絹サヤはサッと茹でる。
  肉が柔らかくなったら一旦取り出し、煮汁をシノワやザルで漉す。
  (木べらなどでギュッと押し絞るように漉す)
  肉と共に鍋に移し、塩コショウで味を調える。
  器に盛り、付け合わせ野菜を添えて完成。

我が家は赤身の牛肉を使ったので、トロリととろけるように…
はならなかったけど(赤身はポロッとほぐれるように柔らかくなります)
適度に脂身が混じったお肉だと、それはそれは柔らかく出来上がりますよ〜
お肉はどうぞお好みで( ^ー゚)♪

そうそう!食べている途中で、チョロッと生クリームをたらしてみたら
これもおいしかったですよ(*^-^*)↑
一緒にいただいたのは、
スープライス(シンプルなスープで炊いたごはん)と
前回の新たまねぎときぬさやのサラダ。
ダーリン「くそぉ〜!パンが欲しかったなぁ」
パンがあればソースをぬぐえるのにと
しきりに悔しがるダーリン(^-^;)
でも、最後にご飯をお皿に入れて
洗わなくてもいいかも〜っていうくらい
お皿を奇麗にしてくれました♪
まるで人間食洗機だな(笑)

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)