十六穀米の黒チャーハン


またまた黒系が続きます(笑)
十六穀米を加えて炊いたご飯で作ったチャーハンです。
食べてらっしゃる方はご存知だと思いますが、
十六穀米って、赤米や黒米が入っているので、
炊くとお赤飯のような紫系の色になります。
我が家で食べているのには…
もちあわ、発芽玄米、黒米、黒豆(大豆)アマランサス、たかきび、キヌア、
小豆、黒ごま、白ごま、ハトムギ、赤米、もちきび、大麦、トウモロコシ、ひえ
が入ってるみたい(はぁはぁ)
これでチャーハンを作ると、なぜか黒っぽい色になるんですよね(^-^;)
写真よりも実際はもっと黒いの(汗)
黒さにだめ押しをしてるわけじゃないけど(笑)
今回は、桜えび(乾燥)と黒ごまがたっぷり♪
普通に食べても少し香ばしい感じのするご飯なんだけど、
香ばしさはさらにパワーアップ!
本当は、「桜えびと黒ごまのチャーハン」って言うネーミングになるはずが…
娘「なにこれ!? 黒っ!Σ(・ω・ノ)ノ いったい何入れたん??」
いや、別に怪しいスパイスが入ってるわけじゃないのよ〜(^▽^;)
と言う事で「黒チャーハン」に決定!(笑)
ランチなんかに作ってみてくださいね。

人気blogランキングへ。  Blog ranking

「十六穀米の黒チャーハン」
【材料】
3〜4人分
ご飯適宜
桜えび又は干しえび10g程度
黒炒りごま大さじ2
白ネギ10cm分(みじん切り)
たまご2個
白締め油又はサラダ油大さじ3
塩コショウ
オイスターソース大さじ1
醤油大さじ1/2
ごま油大さじ1/2
ご飯が冷たい場合はレンジ加熱して温めておく。
【作り方】
  
1.【たまごを炒める】
  まず、フライパンに白締め油(サラダ油)大さじ1を熱し
  溶き卵を流し入れて炒り卵にする。
  火が通ったら一旦器に取り出しておきます。

2.【ご飯を炒める】
  フライパンに白締め油(大さじ2)を足し、ネギを炒める。
  少し色づいて香りが立ったら、エビを加えて軽く炒めて香ばしさを出す。
  続いてご飯を加え、フライパンに押さえつけるようにして油となじませほぐします。
  あおりながらよく炒めたら、黒ごまとタマゴを加え、調味料で味を調えます。
  最後にごま油を鍋肌から回し入れ、よく混ぜて艶と香りを付けてできあがり。


エビを軽く炒って、香ばしさをアップさせるのがポイントです。
これ、もちろん普通のご飯で作ってもおいしいんですよ〜(*^-^*)
色はフツーになりますが(笑)
十六穀米だと、餅米系が入るので少しモッチリ感があります。
ちょっとしたおかずと一緒に、がっつりと食べてみてくださいね。

人気blogランキングに参加しています。
一緒にいただいたのは前回のピータン豆腐と、トマトとたまごのスープです。
さっぱり感がチャーハンとよく合いました(^-^)
おいしそう〜♪と思ってくださったら

Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!

(Visited 1 times, 1 visits today)