丸揚げナスの香り肉ツユがけ

aiaicafe160903

ちょっぴり涼しくなって来た大阪。
と言っても、まだまだ真夏の気温ですが(汗)
夜はエアコン無しで過ごせる日が多くなりそうで嬉しいです~(T^T)

少しでも涼しくなると「よっしゃ~!やるか!!(・∀・)ノおー」と、
重かったたお尻も上がるようになったりします。
というか、食欲が倍増したからかもしれないけど(笑)

今回は、これから秋にかけてどんどん美味しくなるナスを使った一品。
これ、切らずに丸ごと揚げてあるんですよ~(*^-^*)
あとから食べやすい大きさに割くんですが、
丸ごと揚げると、必要以上に油を吸わないから、
こってりし過ぎずにほどよいコクが出ます。
中が蒸し焼き状態になるから、トロ~リ柔らか!
切って揚げたのとは全然違う食感に出来上がって美味しいの(*´д`*)ハフン♪

麺つゆやしょうが醤油、洋風のドレッシングなどなど、
和洋中どんな味で食べても合うんだけど、
今回はお肉を加えたボリュームたっぷりのおダシでいただきました♪
私はミョウガとネギを添えたけど、三つ葉や大葉でも美味しそうですよね~(*^-^*)
お好みの薬味を添えて、ぜひお試しあれ!

 

aiaicafe160903-1

 

「丸揚げナスの香り肉ツユがけ」

【材料】

3人分

なす大きめ 2個
植物油(揚げ用)適量

『肉ツユ』
だし汁 150cc
みりん 大さじ2
醤油 大さじ2
砂糖 小さじ1
牛または豚スライス肉 100g(一口大に切る)

ミョウガ 1~2個(スライス)
刻みネギ 適宜

美味しいダシの引き方はこちら

【作り方】

1.【茄子を揚げる】aiaicafe160903-2

茄子はヘタを切り落とし、楊枝か竹串などを数か所突き刺して
パンク予防のための穴を開ける。
小鍋か小ぶりのフライパンに2cmくらいの植物油を熱し、
時々茄子を転がしながら、焼くように揚げていく。
2~3分加熱して、お箸で挟んでフカフカしたらOK。
キッチンペーパーに取り、触れるくらいまで粗熱を取る。
(この間に余熱でさらに火が通ります。)

2.【肉ツユを作る】
小鍋にだし汁を入れて火にかけ、調味料を加えて味を整える。
沸騰したら肉を加え、お箸でほぐした後すぐに火を止める。

3.【仕上げ】
ナスが冷めたら手で裂き、器に盛りつける。
熱々の肉ツユを注ぎ、ミョウガやネギなどの薬味をトッピングしたら完成。

 

これ、ツユは市販の麺つゆにお砂糖を少し加えて味を調節したものでも大丈夫。
お肉は豚肉や鶏肉、ベーコンなんかでもOKです。
ただし、豚と鶏を使う時は、火を止めた後蓋をして数分待ってからナスにかけてくださいね。
牛は煮過ぎるとおいしくないので、しゃぶしゃぶ状態でどうぞ。

たかが揚げナス、されど揚げナス…
ミンチ肉とホワイトソースを乗っけて焼けば
あ~らムサカのできあがり~!
な~んてね( ^ー゚)♪
意外にレパートリーが広がる調理方法ですよ!

あ、そうそう。エキサイトの「暮らしノート」に、
夏の疲れを元気に取り戻す!ビタミンパワーを活かした「夏野菜」レシピ!
ということで、ゴーヤーを使った一品を掲載していただきました(*^-^*)
ゴーヤーチャンプルーを、豆豉を使って中華風にアレンジした一品です。
まだまだ夏バテで…っていう方は、
こちらの方も要チェック!
元気出ますよ~!!

 

←ポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)