ピビンパッ


韓国人の友人が、風邪で寝込んでいた私に
材料持参で『トック』を作りに来てくれた事がありました。
温かいトックがおいしくて、風邪も一気に吹き飛んだ気分でした。
それ以来韓国料理の大ファンです(^-^)
韓国料理って、野菜をたくさん使うのでとってもヘルシーです。
特にナムルは1品でも立派なおかずになるので頻繁に作ります。
数種類作ってご飯に乗せればみなさんご存じのビビンバですね。
本当は『ピビンパッ』って言うそうです。
ピビン→混ぜる パッ→ご飯 っていう意味があります。
我が家ではビュッフェスタイルで
好きなものを好きなだけご飯に乗せてマゼマゼして食べます。
混ぜると、人参が苦手〜(><)と言ってても
食べられちゃうから不思議(笑)

「ピビンパッ」
【材料】
3〜4人分
ほうれん草1把
人参中1本
大豆もやし1袋
キュウリ2本
舞茸1パック
ごま油

醤油
ネギ(みじん切り)
ニンニク(すり下ろし)
すりごま
豆板醤
鶏ガラスープの素(顆粒)
砂糖大さじ1/2
酒大さじ1
ご飯、たまご×人数分
【作り方】
1. 『ほうれん草のナムル』
ほうれん草は茹でて3cmくらいに切り、水気を絞っておく。
ボールにごま油(大さじ1)、ニンニク(小さじ1/4)、醤油(大さじ1/2)
すり胡麻(大さじ1)を入れてよく混ぜ、ほうれん草を入れて混ぜる。
最後に塩少々で味を整える。
2. 『人参のナムル』
人参をスライサー(けんびき)で細くスライスし、
塩を入れてサッと茹でる(ゆで汁は取っておく)
ゆで汁50ccくらいに鶏ガラスープの素を少し入れ、ごま油(大さじ1)、
すりごま(大さじ1)、醤油(ちょろっと)も入れて人参に回しかけてよく混ぜる。
最後に塩で味を整える。
*茹でる時は、熱湯に人参を入れて沸騰したらすぐ火を止めるくらいでOKです。
*お醤油は人参の臭み消しなので、ほんのちょっと隠し味程度に。
3. 『キュウリのナムル』
キュウリを薄くスライスし、塩を振ってしんなりさせ水気を絞る。
フライパンにごま油(大さじ1)を熱し、キュウリ、ニンニク(小さじ1/3)
豆板醤(小さじ1/2)を入れて炒める。
キュウリの色が鮮やかになったらOKです。
火を止めて塩で味を整えすりごま(大さじ1)を混ぜる。
お皿に広げて良く冷ます。
4. 『舞茸のナムル』
舞茸は小さくほぐす。
フライパンにごま油(大さじ1)を熱し、ニンニク(小さじ1/3)、
ネギ(小さじ1)を入れて舞茸を炒める。
酒(大さじ1)を振りかけ、砂糖(大さじ1/2)、醤油(大さじ1)、
豆板醤(小さじ1/2)を加えて汁気が無くなるまで炒める。
5. 『大豆もやしのナムル』
大豆もやしは塩を入れて茹でる。
茹でている間に、ボールにごま油(大さじ1)、ネギ(小さじ1)、
ニンニク(小さじ1/4 )、塩少々を入れて混ぜ、
茹で上がって水気を切ったもやしを熱いうちに加えてよく混ぜ合わせる。
*もやしを茹でるときは、大豆部分が柔らかくなったらOKです。
6. 全部のナムルをお皿に盛り出来上がり!
温かいご飯にタマゴを添えて、お好きなだけナムルを乗せて召し上がれ♪

写真のナムルは4種類です。
そうです。私の一番好きなキュウリのナムルがありません!
作り始めてからキュウリを買わなかった事が発覚!!
ショックでしたーーー!!!!_| ̄|○
お気に入りなので一応レシピに載せました(笑)
夏は良くこれでビールを飲みます(^-^;)ヨクアウノ!
タマゴは目玉焼きにしましたが
黄身(生)を乗せたり、温泉タマゴにしたり、お好みでどうぞ!
コチュジャンを添えて、よ〜く混ぜてくださいね(^-^)
あっ、そうそう。焼き肉やミンチを甘辛く炒った物などもお忘れなく。
あっさり目のスープをかけながらいただくのが美味しいんですよ〜♪

人気blogランキングに参加しています。
ウマそ〜♪と思ってくださった方はワンクリックどうぞよろしく!

(Visited 1 times, 1 visits today)