ピエンロー鍋(扁炉鍋)







シンプルで簡単な中華のお鍋と言えば、ピエンローですよね。
我が家でも家族が揃った日にいただきました(^-^)
ピエンローは、中国の田舎料理の家庭料理。
干し椎茸や鶏肉、豚肉のダシで、白菜を食べるお鍋です。
中華レストランでは干しなまこや牡蠣なんかが入っていてもっと豪華ですが
これはお家で気軽にできるので、最近は大人気。
冬場は何回も食べるよ!って言う方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
シンプルな味で簡単で、又シメに食べる雑炊が…
もちろんそれ以上は聞かなくても想像できますよね(笑)

「ピエンロー鍋(扁炉鍋)」
【材料】
3人分
白菜1/2個(ざく切り)
干し椎茸小さめ8〜10個(できれば国産椎茸で)
豚バラ肉200g程度(一口大に切る)
鶏もも肉1枚(一口大に切る)
ビーフン又は春雨適宜
ごま油大さじ1〜2
塩(岩塩、海の塩などの粗塩)
お好みで一味、練り唐辛子など。
【作り方】
  
1. 【下ごしらえ】
  椎茸は、時間に余裕があれば水で戻します。
  ボウルに水を張って椎茸を入れ、ラップをして3〜5時間又は冷蔵庫に一晩入れておけばOK。
  (このほうが良いダシが出ます。)
  時間の無いときは、50℃くらいのお湯に砂糖をひとつまみ入れて戻します。
  この戻し汁がお鍋のダシになるので捨てないでくださいね〜!!
  白菜は芯と葉の部分を分けておく。
  ビーフンや春雨は前もって茹でて冷水にさらしておきます。

2. 【ダシを作る】
  お鍋に椎茸の戻し汁を入れ、八分目くらいまでお水を足します。
  これがダシになります。塩や他の調味料は何も入れません。

3. 【煮る】
  お鍋が沸騰してきたら、まず豚肉と鶏肉を入れます。
  一煮立ちしたらアクをすくい、ごま油を回し入れます。
  白菜の芯の部分と椎茸を入れて少し煮ます。
  それから葉の部分を入れて煮て、煮えてきたらできあがり。
  各自が器に取り、塩で味を調節してからいただきます。
  ビーフンや春雨は食べる前に入れ、サッと煮てどうぞ。


普通のお鍋と違って、お肉類をよく煮ておいて
充分にうま味が出たところで「いただきます」です。
シンプルであっさりした味だけど、お肉類からイイ味が出て美味しいんですよね。
少し唐辛子を入れてピリ辛にするとよりウマ♪
暖まりますよ〜(*^-^*)
スープは白菜の甘みも出てうま味が凝縮されてます。
雑炊が待ってますから、お腹に「別腹」を作っておくのを忘れずに!(笑)

人気blogランキングに参加しています。
おいしそう〜♪と思って下さったら
Blog ranking ←ぽちっとクリックしてね(^-^)
応援ありがとうございます!

(Visited 1 times, 1 visits today)