パングラタン


少し前にアップしたラタトゥイユのサラダ。
その翌日にいただいた私のおやつがコレ!
ほんのちょっぴり残っていたラタトゥイユとベシャメルソースが大活躍!
朝ご飯や、小腹が空いたな〜と言う時にちょうど良い量なんですよね。
私は小ぶりのフランスパンで作ったけど、
切れ味の良いナイフが必要なので(笑)
手で持ってガブッと食べられる、ロールパンで作るのもおすすめです。
(ロールパンなら2個はいける?w)

下にラタトゥイユ、その上にベシャメルソース(ホワイトソース)が乗って、
一緒に食べるともう〜たまりません (*´д`*)ハフン♪
これ、大好物なんですよね♪
冷たいのを詰めて焼くとパンが焦げちゃうので、
チン♪して温めてから詰めるのがポイント。
大きめのフランスパンなら、切り分けやすいように
浅く何カ所か切り目を入れておくと食べやすいですよ(‘∇^d)
おやつを食べながら好きな音楽でも聞いて、
お家でカフェ気分もたまにはいいですよね(*^-^*)
ゆっくりまったり過ごしてみてください。

人気blogランキングへ。  Blog ranking
「パングラタン」
【材料】
1人分
お好みのパン1個
ラタトゥイユ適量
ベシャメルソース約大さじ2〜3
溶けるチーズ少々
ラタトゥイユのレシピはこちらです。
ベシャメルソースのレシピはこちらです。
ラタトゥイユとベシャメルソースはレンジ加熱して温めておきます。
【作り方】
  
1.【パンケースを作る】
パンの上部を横に切り取り、
周りに切り目を入れて中をくり抜く。
もう一度蓋をし、全体に軽く霧を吹いておきます。



2.【具を詰める】
  ラタトゥイユを八分目くらい詰める



具を入れるとこんな感じ。


3.【焼く】
  上にベシャメルソースをかけ、溶けるチーズを乗せて2分程度焼いてできあがり。
くり抜いたパンの中身はちゃんと食べてくださいね〜!
私は食べながら作っちゃったけど(^▽^;)ハハハ
我が家、フランスパンを食べる時は、
周りに軽く霧を吹いてからサッとトーストします。
中はモッチリ、外はパリッと、
焼きたての風味が蘇っておいしいんですよ〜♪
この霧吹き、我が家ではなくてはならない必需品。
パンを焼く時にはもちろん、お買い物から帰って来ると、
とりあえず、葉もの野菜は霧をシュッと吹きかけてから冷蔵庫へ。
ハーブなんかは、入れ物から取り出してシュッと一吹きしてから
ビニール袋へ移し替えるわけですが、
その時に、息をハァ〜っと吹き込んでから口を閉じます。
野菜は生きてますから、植物の栄養である炭酸ガスを与えて
長生きさせてやるわけですね(^-^)
あんまりたくさんハァ〜ってやるとパンパンになっちゃって
冷蔵庫が締まらなくなるから適度に入れるのがコツです(笑)
これをやると日持ちが全然違うんですよ〜!
これからの季節、大葉なんかもこの手で保存すると
いつまでもパリッと長持ちします。
ちょっと試してみてくださいね( ^ー゚)♪

人気blogランキングに参加しています。
おいしそう〜♪と思ってくださったら、

Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!
(Visited 1 times, 1 visits today)