チキンチャップ


ダーリン「久しぶりにポークチャップが食べたいなぁ…あと、ポテトサラダと〜冷たいスープ!」
いつもながら、食べるだけの彼は言いたい放題であります(笑)
でも、リクエストをもらうと、それに向かってただひたすら作ればいいだけだから
楽と言えば楽なんですよね(^-^;)
仕事が終わってからゆっくりお買い物に行く時間が無かったので、
今回はポークチャップではなくてチキンチャップだけど、
お腹が減ってたら、彼も文句は言わないでしょう(いや、言わせないわよw)
ダーリン「お、こういうのが食べたかったんや〜♪(*^-^*)」
ほらね(笑)
ダーリン「あれ?チキンチャップって、チキンにケチャップを絡めた料理じゃないの?」
違うわよ〜(^▽^;)
彼は、ポークチャップのチャップは、ケチャップのチャップだと思ってたらしくて、
あれはポークチョップが訛ってポークチャップになったのよ〜
骨付き豚を切って(チョップして)焼いたアメリカ料理よ!
というと「ほぉ〜なるほど〜!」と、いたく感心した様子(笑)
なので本当のチキンチャップは、
ぶつ切りにした骨付きチキンかなんかを使うべきなんだろうけど
そういうことは言わないでおきました(^▽^;)ハハハ
昔アメリカで食べたポークチョップはアップルソースが添えてありました。
普通洋食屋さんなんかではデミグラスソースやトマト系のソースがかかってますよね。
お家で作るならケチャップでも良いけど、それじゃあ少々芸が無いかなぁと(笑)
今回はデミグラス風のソースを作ってみました。
これ、甘みはマーマレードを利用しています。
少しほろ苦くてフルーティーな風味がチキンにはピッタリで、
かなりおすすめですよ〜(*^-^*)v
  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


「チキンチャップ」
【材料】
3人分
鶏もも肉1・1/2枚(一人1/2枚)
塩コショウ
サラダオイル大さじ1/2
赤ワイン50cc
水50cc
ケチャップ大さじ1
中濃ソース大さじ1
醬油小さじ1/2
マーマレード大さじ1
フライドオニオン大さじ1
塩コショウ
バター5g
ズッキーニ黄、緑適宜(付け合わせ用)
オリーブオイル大さじ1
塩コショウ
ズッキーニは、ソースに鶏肉を絡め始めたら別のフライパンでソテーする。
【作り方】
1.【下ごしらえ】
  鶏肉は縦半分に切り、分厚いところを横から包丁を入れて切り開き
  火が通りやすいように厚みを均一にしておく。
  塩コショウを振って下味を付けておく。

2.【焼く】
  フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉を皮のほうから焼いていく。
  全体が白くなって、両面に焦げ目が付いたら一旦取り出す。
  (こうすると、硬くならずに余熱で良い感じに火がとおります)

3.【ソースを作る】
  鶏肉を焼いたフライパンにワイン、フライドオニオン他の調味料を入れ、
  一煮立ちさせながら味を調える。
  鶏肉を戻し、弱火でソースを絡めながら焼く。
  お箸で分厚いところを押さえて、硬く弾力があったら焼き上がり。
  最後にバターを加えて溶かし、全体に絡めたらできあがり。

私が使ったマーマレードは少し甘めのものです。
ものによって甘みが違いますから、最後にお砂糖で甘みを調節してみてくださいね。
フライドオニオンは市販のものです。
これ、トッピングに使うのではなくて、ソースに入れて煮ると
飴色タマネギ代わりになるんですよ〜!
香ばしさがアップしますから、ぜひ入れてみてくださいね(^-^)v
一緒にいただいたのはエッグポテトサラダ。
あまり時間が無くて、
冷たいスープまで手が届かなかったのが残念(-_-;)
ダーリン「よし!ポテサラ少し残して、
  明日の朝はポテサラサンド作るぞ〜!(^▽^)/おー」
まぁ張り切ってるみたいだから
スープが無くても関係ないか(笑)
冷たいスープは次の機会にね( ^ー゚)♪
おいしそう〜♪と思ってくださったら、
人気ブログランキングへ ←ポチッと愛の一押しを!
どうぞよろしくお願いします(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)