チキンの幽庵グリル


ダーリン「チキンのグリル焼き作って!」
カレーの次くらいにリクエストが多い、チキンのグリル焼き。
50%くらいの確率かな?(笑)
リクエストをもらうと楽なんだけど、
グリル焼きって、ワンパターンになりがちなのよね(´〜`;)
シンプルに塩焼きか、照り焼きか、それともソースに凝るか…
そうそう、漬け焼きっていう手もあるわよね!
幽庵焼きはどうよ?
お魚でよく作るけど、鶏肉で作った事はまだ無かったっけなぁ
と言うわけで、今回は鶏肉の幽庵焼き…いやいや
チキンの幽庵グリルでございます(笑)
コレ、照り焼きとはまた違って、
お醤油ベースだけどさっぱりしてておいしかったんですよ(*^-^*)
焼いたのをポン酢で食べるのともまた違うのよね。
ポン酢ってすごいわ〜♪と、再認識してしまいます。
私、海外に行った時も「あ〜コレをポン酢で食べたらおいしいだろうなぁ」
と思う事がしばしば(笑)
ストレートで使うのも良いけれど、
みりんやお酒の旨味をプラスしてもなかなかです(^-^)v
幽庵地、簡単ですからぜひトライしてみてくださいね!

 

「チキンの幽庵グリル」

【材料】

3人分
鶏もも又は胸肉1〜2枚
葉野菜、プチトマトなど適宜(彩り用)

『幽庵地』
ポン酢大さじ1
しょうゆ大さじ1・1/2
日本酒大さじ2
みりん大さじ2

【作り方】

1.【下ごしらえ】
鶏肉は分厚い所を切り開いて厚みを均一にし、
焼きやすい大きさに切っておく。
調味料をすべて合わせて幽庵地を作っておく。

2.【漬け込む】
バットに鶏肉を並べ、幽庵地を流し込んで漬け込む。
時々裏返して、できれば半日くらい漬け込むとベストです。

3.【焼く】
キッチンペーパーで水気を拭き取り、魚焼きグリルで焼きます。
焦げやすいので少し弱め(中火程度)で焼き、焼けたら食べやすい大きさに切る。
彩り用の野菜と一緒に器に盛り付けて完成。


上に振ってあるのは、柚子七味です。
柚子胡椒もおいしいけど、フワ〜っと漂う柚子の香りと、
七味の程よい辛みが大好きなの♪
なによりも、まんべんなく振りかけられるのが
こういうのに向いてる気がするのよね。
お好みで添えてみてくださいね〜(^-^)v
下に敷いてあるのは、わさび菜と言う葉野菜。
縮れた感じがアンディーブ(チコリとも言います)と似てるけど、
独特の辛みがあります(今回食べたのはあんまり感じなかった^^;)
アブラナ科のからし菜の仲間で、
アブラナ科の野菜は子宮筋腫や子宮内膜症の予防に役立つ…と、
本で読んだ事があるんですよね。
ホルモンバランスを整えてくれるんでしょうかねぇ
なにはともあれ、女子は特に食べるべし!ですよね。
ちなみにブロッコリー、カリフラワー、キャベツもアブラナ科です。
だからと言うわけではないんですが(^-^;)
この日は他に、我が家特製コールスローサラダもいただきました。
わさび菜には何も付けずに、コールスローと一緒にモリモリ♪
ドレッシングを作る手間が省けました。
「…って、手抜いただけでしょう?」と言う突っ込みは無しでね(^▽^;)ハハハ

 


おいしそう〜♪と思ってくださったら人気ブログランキングへ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)