ジュワ〜っと♪水茄子とプチトマトのマリネサラダ


毎年夏になると登場している水茄子。
大阪は泉州地方の特産品なんですが、そろそろ全国にも登場し始めてるかしら?
たぶん、お漬け物は手に入りやすくなったと思うんですが…
コロンと丸い、こんな感じの茄子です〜(*^-^*)
少々お高いので(汗)
大抵1個単位で売られています。
手でちぎれるくらいに柔らかくて、
ちぎるだけで水気がジュワ〜っとほとばしり出て来ます。
食べると、口の中にジュワ〜っと水気と甘みが広がって、
普通の茄子とは違うっ!とビックリしてしまいます。
なので、加熱しないで、
サラダやお漬け物(超浅漬けがさいこー!)
でいただくのがおいしいのよね♪


今回は、同じくジュワ〜っとジューシーな、
湯剥きしたプチトマトと一緒にサラダにしてみました。
名付けてじゅわじゅわサラダであります。
しつこい?(笑)
でも、食べていただいたら、
きっとネーミングの意味が分かっていただけると思うわ(*^-^*)
これからの季節にはピッタリなんですよ〜♪
水茄子が手に入ったら、試してみてくださいね。
あ、水茄子以外だったら、
ズッキーニ&プチトマトがおすすめです!

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

「水茄子とプチトマトのマリネサラダ」
【材料】
3人分
水茄子1個(一口大にちぎる)
プチトマト12〜15個
にんにくスライス5〜6枚
オリーブ油大さじ2
塩コショウ
砂糖ひとつまみ
バルサミコ酢大さじ1
【作り方】
  
1.【湯剥きする】
  トマトにナイフで小さく傷を入れ、沸騰した湯に一度に入れて
  皮がはじけるまで茹でる(約20〜30秒)
  ザルに上げ、手で触れる程度に粗熱が取れたら、
  指で摘んで皮を取る。

2.【和える】
  小さめのフライパンにオリーブ油とニンニクを入れてから火にかけ、
  弱火でニンニクを薄く色づく程度に炒めて火から下ろす。
  ボウルに水茄子とプチトマトを入れ、
  塩コショウと砂糖ひとつまみ、バルサミコ酢、
  粗熱が取れたオリーブ油を加えてよく和える。
  冷蔵庫で少し冷やし、器に盛ったらできあがり。

プチトマトの湯剥きって、面倒そうだけど、
皮があると無いとでは、全然別ものみたいになっちゃうんですよ。
少しだけ手間はかかるけど、その甲斐のある味です(^-^)v
湯剥きして、ドレッシングをかけるだけでもおいしいですから、
まずはそこから試してみるのもいいかもしれません。
酸味も少し飛ぶので、トマトの酸っぱさが苦手な方にもおすすめです。
特にプチトマトは甘いですから、トマトが苦手なお子様も
喜んで食べてくれるかもしれませんよ〜( ^ー゚)♪
この日は、飛び魚のエスカベッシュや
すき焼き豆腐煮なんかと一緒にいただきました。
エスカベッシュは前日の残り物だったんだけど、
1日置くと、身がキュッと締まって、
小骨が柔らかくなるので(全く感じなくなります)
作った当日よりもおいしかったな〜 (*´д`*)ハフン♪
前もって作っておけるから、
夏のおもてなしにはイチオシです。
マリネもエスカベッシュも、
キュンと冷えた白ワインと相性バッチリ!
それ、いいね〜♪と思ってくださったら
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)