コールドビーフサラダ


うちの娘、先日電車に乗っていたら、ちょっと貧血っぽくなって
電車から降りてホームのベンチに座ったまましばらく動けなかったらしいです(^-^;)
「もずく嫌〜い!」とか好き嫌いするからよ!
貧血改善メニューお願い!と言われて、今回はとりあえず
応急処置として蛋白質いっぱいのお肉メニューであります。
と言っても、脂こってりはダーリンには良く無いので、脂身の無い赤身です。
スライス肉をサッと炒めて…と思ったけど、スライス肉って脂身が多くて、
いちいち切り取るのが面倒で(´〜`;)
なので赤身の塊肉をローストビーフにしました。

焼きたてのアツアツはローストビーフ、
それがすっかり冷めたの(又は冷やしたの)はコールドビーフと呼びます。
熱いのもおいしいけど、冷たいのをサラダやサンドイッチでいただくのもおいしいんですよ〜( ^ー゚)♪
今回は和風胡麻だれドレッシングでいただきました。
お肉があっさりしている分、胡麻のコクがピッタリ♪
これからの季節にはおすすめです(*^-^*)
まずローストビーフから作って…っていうと
「えぇ〜そっからかぃ(^▽^;)」って言われそうだけど、
ローストビーフって、ごめんねって言ってしまうくらい(笑)
実はすごく簡単なんです。
余熱を利用して作るので、ただただ放っておくだけ!
なのに見た目は非常に豪華なので、勝負メニューにも使えます(笑)
気軽に買えるオージービーフあたりで、まずはお試しを( ^ー゚)♪

  人気ブログランキングへなんか豪華だ〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

「コールドビーフサラダ」

【材料】

3〜4人分
牛赤身塊肉300g程度
粗塩小さじ1/2程度(お肉の1%)
ブラックペッパー、粉末ガーリック
サラダ油大さじ1
水菜やグリーンリーフなどの葉野菜適量
キュウリ、人参、タマネギ、プチトマトなど適量
『胡麻だれドレッシング』
みりん大さじ1
練り胡麻大さじ1
ポン酢大さじ2
サラダ油小さじ1
オーブンは200度に予熱しておく。


【作り方】

1.【下ごしらえ】
  お肉は重さの1%の塩(300gのお肉なら3g)と
  ブラックペッパー、粉末ガーリックを適量振ってすり込み、常温に30分〜1時間くらい置く。
  サラダの野菜は食べやすく切り、冷蔵庫に入れてパリッとさせておく。

2.【焼く】
  フライパンにサラダ油を熱し、強火でお肉をサッと焼いて焦げ目を付ける。
  耐熱皿に移し、200度に予熱したオーブンで15分ほど焼きます。
  焼けたら取り出し、アルミホイルに手早く包んでそのまま20分〜30分置く。

3.【仕上げ】
  置いている間にドレッシングを作ります。
  まず、みりんを20秒レンジ加熱して温め、アルコール分を飛ばす。
  練り胡麻を加えて混ぜたら、残りの調味料もすべて加えてよく混ぜる。
  ローストビーフを薄くスライスし、器に野菜といっしょに盛りつける。
  ドレッシングを添えてできあがり。


ほらね、簡単でごめんなさい(笑)
余熱で焼くと、ジュワッとジューシーに柔かく焼けるんですよね。
スライスしたときの奇麗なピンク色にちょっと感動してしまうくらい(*^-^*)
ただし、いくら柔らかいと言っても、
赤身のお肉は霜降りのお肉とは違って、とろけるように柔らか…とはいきません。
おいしくいただくポイントは、できるだけ薄くスライスすること。
ということは、包丁もよく切れるように研がなきゃダメってことよ。
「えぇ〜そっからかぃ(^▽^;)」ってまた言われちゃいそうだけど(笑)
やっぱりお道具はちゃんとお手入れしなきゃ、ね!( ^ー゚)♪
切れない包丁を使うと怪我をしますぞよ〜
余ったお肉は、翌朝サンドイッチにしていただきました。
こちらもぜひおすすめです(^-^)v

この日一緒にいただいたのは
れんこんのきんぴらとか高野豆腐とエンドウの玉子とじなどなど。
そろそろお豆の季節ですよね〜
和歌山のうすいえんどうは甘くて美味でありました。
残さずペロリと食べてたから、
娘の貧血もちょっぴりマシになったんじゃないかなぁ
レシピがお役に立ったら
今日も人気ブログランキングへ ←ポチッと
応援して行ってくださったら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)