キノコとインゲン豆の簡単ごま和え

aiaicafe150426

やっと春らしくなってきました♪
と思ったら、もうゴールデンウイークも目の前ではありませんか!
なんとなく焦りながら春物(いや、もう夏物か?)をひっぱり出しているワタクシです(汗)

さて、今日のレシピはタレを活用して楽するメニューです。
今月は、レッスンで名古屋風手羽先唐揚げを作っておりますが、
そのタレが美味しいんですよ~♪
すりごまをプラスして、インゲン豆とキノコを胡麻和えにしてみました。
生姜やにんにくなんかも使うので、お醤油と砂糖だけでは出ない、
複雑な味がして美味しいく仕上がりますよ( ^ー゚)♪

実はこのタレ、aicafeには幾度となく登場しております(検索してみてね!)
炒め物の味付けや丼、かけダレ、つけダレに大活躍するので、
手羽先を作らなくても重宝するんですよ~♪
材料を全部小鍋に入れて、少し煮詰めるだけなので、
タレだけでもぜひ作ってみてくださいね。

aiaicafe150426-1

 

「キノコとインゲン豆の簡単ごま和え」

【材料】

3人分
*キノコ(舞茸やシメジなど) 計100g程度
*インゲン豆 80g
*日本酒 大さじ1
*粗塩 ひとつまみ
*すりごま 大さじ1
*名古屋風手羽先唐揚げのタレ 大さじ2

『名古屋風手羽先唐揚げのタレ』
*醤油 大さじ2
*みりん 大さじ2
*粗製糖(ブラウンシュガー)大さじ1
*日本酒 大さじ1
*ショウガ、にんにくスライス、各3〜4枚

タレは全てを小鍋に入れて煮立て、弱火で少し煮詰める。
 前もって用意しておきます。

【作り方】

1.【下ごしらえ】
キノコは耐熱容器に入れ、日本酒と粗塩を振りかけてふんわりラップする。
ラップがしっがり膨らむまでレンジ加熱し、取り出す前にお箸などで穴を一つ開ける。
そのまま少し置き、粗熱が取れたらラップを外す。
インゲンはサッと茹でてから冷水に取って色止めし(余熱を止める)ザルにあげて水気を切る。
食べやすい大きさに切っておく。

2.【和える】
ボウルにタレとすりごまを入れて混ぜ、キノコ(汁ごと)とインゲンを加えてよく和える。
器に盛り付けて完成。

 

このレシピ、一番むずかしいのはチン♪するところかもしれません(笑)
レンジから取り出す前に、とりあえずお箸でラップに穴を一つ開けると、
焦ることなく次に進めるので、ぜひ実行してくださいね。

これ、胡麻和えにできるものなら食材はなんでもOKです。
例えば、ほうれん草や、ブロッコリー、絹さや、レンコン、たけのこなどなど…
冷蔵庫に残っているお野菜達も、サッと茹でてこのタレで和えると、
ちょっとした1品になってくれます(*^-^*)v
インゲン豆が無くても作れるので、いろんなものでお試しください。

タレの甘さはどうぞご自由に。
お砂糖などで調節してみてくださいね。

 

 

今日も ←ポチッと一押し、
応援クリックして行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)