カブの淡雪蒸し


この白いアワアワしたものは一体??(笑)
これ、蕪をすり下ろしたものなんですよ(^-^)
卵白と片栗粉を混ぜてから、蒸してあります。
最近、蒸してからあんをかけるって言うのにハマってるなぁ(笑)
かぶはすり下ろしてから蒸すと、ふんわりフワフワ♪
口に入れるとほろりと優しい食感で、
この優しさがクセになるような美味しさです(*^-^*)
娘「これって、口の中で溶けて行くはんぺんみたい(^-^)」
そうそう、そんな感じ!
雪のように真っ白いかぶの下からは色んな具が…

今回は、エビ、鶏肉、椎茸を入れました♪
お好みで、ぎんなんや白身魚を入れてもおいしいと思います。
かぶに包んで蒸すと、旨味がじんわりにじみ出て
エビもプリプリに出来上がります♪
今日はクリスマスイブで、みなさんここぞとばかりに頑張ってると思いますが(笑)
いっぱい食べた翌日は、ぜひ優しい味の1品でホッとしてくださいね。

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

「カブの淡雪蒸し」
【材料】
3人分
蕪小さめ3個250〜300g程度
卵白1個分
塩ひとつまみ
片栗粉大さじ1
エビ6匹
鶏肉50g(小さく切る)
薄口醤油小さじ1/2
日本酒小さじ1/2
椎茸3枚(そぎ切り)
『あん』
ダシ汁1・1/2カップ(300cc)
日本酒大さじ1/2
みりん大さじ1/2
塩(粗塩)小さじ1/3
薄口醤油大さじ1/2
水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1/2+水少々)
おいしいダシの引き方はこちらです。
【作り方】
  
1.【下ごしらえ】
  カブは皮を剥いてすり下ろし、ザルにそっと上げて水気を切る。
  エビは殻を剥いてから塩を振って揉み、ぬめりが出たらサッと洗って
  爪楊枝などで背わたを取っておく。
  鶏肉とエビはボウルに入れ、日本酒と薄口醤油をまぶして下味を付けておく。

2.【淡雪を作る】
  ボウルに卵白を入れてよく溶きほぐし、塩と片栗粉も入れて混ぜる。
  カブを軽く絞って加え、卵白と混ざったらできあがり。

3.【蒸す】
器に椎茸、エビ、鶏肉を盛り、
上から具を覆うようにカブを乗せる。
湯気の上がった蒸し器で8〜10分ほど蒸します。



4.【あんを作る】
  蒸している間にあんを作ります。
  小鍋にダシ汁と調味料を入れて一煮立ちさせ、最後に水溶き片栗粉を入れてとろみを付ける。
  蒸し上がったカブにたっぷりかけ、お好みで柚子皮、柚子こしょう、
  三つ葉などを添えてできあがり!

これ、ふわふわの雪が積もったように見えるから
『淡雪蒸し』と命名。
普通、卵白を使った料理やお菓子には
「淡雪」と言う名前が付くみたいですね。
一緒にいただいたのはひろうすと里芋の煮物や、
ブロッコリーの玉味噌がけなどなど。
淡雪蒸しに卵白を使うから、残った卵黄は玉味噌に使いました。
これもまったりした味が上品です♪
いつもの味噌味に飽きたらぜひお試しくださいね(^-^)


さ〜て、今日はこれから
クリスマスディナーに向けてひと頑張りです!
まずは掃除だな(笑)
お料理よりも、まず片付いてて気持ちがいい事。
これが大事ですよね〜
偉そうに言うけど、我が家散らかってるのよ(^-^;)
大掃除も兼ねながら(?)これからひと頑張りします。
みなさまも素敵なクリスマスイヴを!
いつも応援ありがとうございます!
みなさんの応援が励みになっています。
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)