エビと竹の子の中華焼きそば


今月のお料理教室では、サラダにたけのこが登場しています。
サクサクした歯触りがおいしいんですよね♪
見た目も春らしくて、私のお気に入りサラダの1つです(^-^)
で、サラダには穂先の柔らかい部分を使うので、
当然下の少し硬めのところは余るわけで…
もう想像がついたと思いますが(^▽^;)
我が家はただいま筍祭り真っ最中〜
しかも硬めオンリー(笑)
今回はとりあえず、えびやきぬさやと一緒に
焼きそばにしていただきました。
メインはあくまでも竹の子ですが(笑)
お醤油風味の中華焼きそばです。

合わせ調味料を先に作っておくので楽々♪
本格的な味にできあがりますよ〜(*^-^*)
ランチなどにもおすすめです!

おいしそう〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m

「エビと竹の子の中華焼きそば」
【材料】
3人分
中華麺(焼きそば麺)3玉
えび12〜16匹
たけのこ水煮1/2個分(食べやすくスライス)
きぬさや15〜20枚程度
太白ごま油またはサラダ油大さじ1
ごま油大さじ1
塩コショウ
『合わせ調味料』
日本酒大さじ1
醤油大さじ2・1/2
オイスターソース大さじ1
砂糖(粗糖)小さじ1/2
水大さじ2
酢大さじ1/2
合わせ調味料は全て合わせて混ぜ、前もって用意しておく。
【作り方】
  
1.【下ごしらえ】
  エビは殻を剥いてから塩(分量外)を振って揉み、
  ぬめりが出たら洗い流して、背を開いて背わたを取っておく。

2.【炒める】
  フライパンに太白ごま油(又はサラダ油)を熱し、竹の子ときぬさやを炒める。
  きぬさやの色が鮮やかになったらエビを加え、両面が白くなる程度に炒める。
  麺を加えてほぐしながら炒めたら、合わせ調味料を回しかけて絡める。
  最後にごま油を鍋肌から回し入れて、艶が出たらできあがり。

麺は中華蒸し麺や焼きそば用などなど、黄色い麺ならなんでもOKです。
私は中華の乾麺を使用。
乾麺を使う場合は茹でてから水で締め、くっつかないように少しサラダ油をまぶして、
茹でたてをすぐに使わずに、少し表面を渇かしてから炒めると
お団子にならずにパラリと仕上がります。
そうそう、エビの下処理ですが、
これも今回の教室で出て来るんですよね。
上手な殻の剥き方や、同じく上手な背わたの取り方をやるわけですが、
背わたを取るのには少しコツがあって、それが分かると一発でスルリと取れるの!
それが結構おもしろいらしくて(笑)
「見て〜!すごい立派な背わたが取れた(笑)」
「これってある意味快感ですね♪」と、みんな大はしゃぎ(^▽^)
いや〜背わた取りも楽しいもんです(笑)
焼きそばは、前回のフワフワ蒸し茄子
セロリとたまごの中華スープと一緒にいただきました。
ちゃんと下処理をしたエビは、臭みも無くてプリッとおいしく仕上がりましたよ〜
おかげでおいしい焼きそばが食べられました。
シンプルなお料理ほど下処理はしっかり!ですね( ^ー゚)♪

おいしそう〜♪と思ってくださった方は
今日も ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)


人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)