エビとしめじの香り炒め


昨日は髪をカットしに行って、すっきり軽やかになりました♪
夕方に家族達と合流して、晩ご飯はシンガポール料理を食べに行って来ました(^-^)
(暗くて写真は撮れずです。すみません!)
私の髪型についての家族達の反応は…
ダーリン「また思い切って短く切ったもんやね〜 30年前にこんな髪型してたね?」
(注:30年前とは、結婚前っていう意味のことらしいです。)
昨日の晩に何を食べたか忘れても、そういうことはしっかり覚えてたみたいで(笑)
でもまぁ覚えててくれただけマシ?(^▽^;)
娘「ちょっと前の木村カエラやね。あ、髪型だけだから!顔は違うから〜」
念を押さなくても分かっちょるわぃ(≧ε≦)ノ
彼女なりの精一杯のお世辞がコレみたい(笑)
家族達の批評は厳しいものだったけど(^-^;)
なによりも、ドライヤーの時間が短くなって嬉しい♪
髪が硬くて多い私は、長いと乾かすのに時間がかかってしまって、
お風呂上がりだと言うのに、ドライヤーでまた汗をかいてしまうのよね(涙)
髪が軽くなったら、フットワークまで軽くなったみたいな気がします(*^-^*)
単純だなぁ でも女ってそんなもんよね?(笑)
言えるね!と、共感してくださった方は(笑)
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m
さて、今日のレシピはエビときのこの炒め物。
ただ炒めるだけ〜♪のシンプルな1品だけど、
香りを添えると、単なる炒め物もワンランクアップしますよね。
味付けは塩のみなので、精製塩ではなくて、
海の塩や岩塩など、ミネラルの多いまろやかでおいしい塩を使ってくださいね!
余計な味が無いので、エビやきのこの美味しさがじっくり味わえます。
プリプリっと食べてみてくださいね。

「エビとしめじの香り炒め」
【材料】
3人分
エビ9〜12匹
しめじ1パック
白締め油(太白ごま油)大さじ1
にんにくみじん切り小さじ1/3
白ワイン又は日本酒大さじ1
大葉5〜6枚(せん切り又はみじん切り)
塩(粗塩)コショウ
エビは殻を剥いてから塩を振って揉み、ぬめりが出たら洗い流す。
背を開いて背わたを取っておく。
【作り方】
  
1.【炒める】
  フライパンに太白ごま油を熱し、にんにくを炒める。
  香りが立ったらしめじを炒め、油が回ったらエビも加える。
  白ワイン(又は日本酒)を振りかけて蒸し炒めにし、
  エビが白くなったら大葉を混ぜ、塩コショウで味を調えて火を止める。
  器に盛ったらできあがり。

エビが白くなったら火を止めてくださいね。
あとは余熱で火が通ります。
炒め過ぎると硬くなってしまうのでどうぞご注意を!
大葉が苦手な方は、ネギを使うと中華風においしくできあがります。
最初ににんにくと一緒に炒めて香りを出してくださいね。
紹興酒を使うと、中華レストランの味になりますよ〜( ^ー゚)♪
大葉だと和風で、ネギだと中華風…
いや〜お料理って奥が深いですよね〜!
香り一つで全然別ものになるので、
大葉が苦手じゃないかたもぜひ試してみてくださいね。
お帰りの際に、がんばれよ〜!と ←ポチッと一押し、
応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)
人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)