イチゴのクラフティ


連休最終日は、美容院へ行って来ました。
翌日から仕事が始まる人もいるからか、人通りは少し減って…
と言っても、難波はいつでも人で溢れてるからなぁ(汗)
よそから来た方はみなさんビックリするみたいで、
「いつもこんなに混んでるんですか?」とおっしゃいます。
「今日は空いてるわよ。だって、地面が見えるもの(笑)」
混んでてもビミョーに違うんですよ(笑)
GW中は本当にお天気が良くて、夏みたいでしたよね〜
少ない人をかき分け(?)美容院のある堀江まで歩いたら、汗かいちゃいました。
カットをしてもらってたら…
「首、少し日に焼けてますよ。」と言われてギクッΣ( ̄ロ ̄lll)
不覚でした〜!!
先日のお散歩で焼けちゃった?(^▽^;)
と言うわけで、昨日から日傘をさして歩いております。
首だけ黒いってイカさないものね。
焼くなら全体をまんべんなく焼かなきゃ!
と言うわけで、今回はオーブン料理であります(関係ない?w)
ダーリンが小粒のイチゴを買って来て、
「これでクラフティ作ってみて!」とリクエストをもらいました。
彼が買って来たのは、たぶんジャム用?
もうイチゴも最終で、ジャム用みたいなのはかなりお安くなってますよね。
イチゴでクラフティはまだ作った事が無くて、
どんな味になるのか私も気になったので、早速作ってみました。
ミキサーやハンドタイプのフードプロセッサーで、
グィーンと混ぜてオーブンへポン!です(笑)
小粒イチゴは切らなくても良いから楽々ですよ〜( ^ー゚)♪
  人気ブログランキングへおいしそう〜♪と思ってくださったら
  ↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


「イチゴのクラフティ」
【材料】
4〜5人分
いちご2/3パック
たまご2個
牛乳200cc
砂糖(上白糖)50g
プレーンヨーグルト大さじ2
小麦粉30g
バニラオイル数滴
シェリー酒小さじ1(ラムやブランデーでもOK)
バター少々(型に塗る分)
オーブンは200度に予熱しておく。
【作り方】
1.【たまご液を作る】
  器にたまごと牛乳、他の材料を全て入れ、
  ハンドタイプのフードプロセッサーで混ぜるか、
  ミキサーにかけて撹拌する。

2.【焼く】
  耐熱皿にバターを塗り、イチゴを入れて
  茶こしなどで漉しながらたまご液を注ぐ。
  (八分目までになるような器を使ってください)
  予熱したオーブンへ入れて、約30分ほど焼く。
  中央までしっかり膨らんだら焼き上がり。


この膨らみ具合はどうよ↑(笑)
イチゴから果汁が滲み出て、まるでジャムを作っている時のような甘〜い香りが部屋中に…♪
ぷっくり膨らむので、溢れないようにどうぞご注意を。
これ、焼きたてはプリンみたいな味です。
柔らかいので、スプーンなどですくって取り分けます。
冷めるとキュッと締まって、たまごの匂いも程よく飛び、
カスタードのような味になります。
温かいのと冷たいのでは全然味が違うので、
食べ比べてみるのもおもしろいですよ(^-^)v
イチゴは冷めると甘みが飛んじゃうので、
できるだけ甘く熟したものを使うのがポイントです。
イチゴ好きさんはぜひトライしてみてくださいね(*^-^*)

この日は、エビと手羽元、ジャガイモ入りの、ココナッツ風味のイエローカレーと、
ベーコンチップス入りのドレッシングで、
シンプルなグリーンサラダをいただきました。

カレーとクラフティが一緒に並んで、
一番喜んだのは、ご想像どおりダーリンであります(笑)
ピリッとスパイシーなものの後に、デザートがあると最高ですよね♪
ダーリン「今度はチェリー買って来なくちゃ!おー(・∀・)ノ」
簡単だから、今度は自分でお願いします_| ̄|○il||l

おいしそう〜♪と思ってくださったら
人気ブログランキングへ←ポチッと一押ししていただけるとうれしいです。
応援どうぞよろしくお願いします!(^-^)


人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)