イカ焼き


イカ料理、まだまだ続いております(笑)
サラダに使わなかったイカの足。実はおやつになりました♪
今回は、甘くないおやつのレシピです(^-^)
大阪でイカ焼きと言ったらコレ!
イカとタマゴを上下から専用の鉄板でギュ〜っと挟んで焼いた
お好み焼きのイカ版みたいなものですが、
たこ焼きやお好み焼きと並んで大人気♪
下町の商店街なんかには、たこ焼きと一緒に
ソフトクリームやイカ焼きを売るお店が必ずあるんですよ〜(^-^)
本来は専用のイカ焼き機で、上下から挟んで一気に焼くんだけど、
お家のフライパンでも同じようにおいしくできるんです。
ま、我が家のはイカの胴は入らず、ゲソ(足)とエンペラだけだから(^-^;)
イカ焼きと言うよりはゲソ焼きと行った方が正しいんですが(笑)
少〜しツナを加えてコクをプラスするのがポイントです。
ツナが焦げたところが香ばしくっておいしいの! (*´д`*)ハフン♪
あとはソースを塗って食べるだけ。
娘「おいしい〜 (*´д`*)ハフン♪」
ai「ほんまやね♪ちょっとひとっ走りしてビール買いに行ってくれない?」
昼間っから、よからぬ相談をする親子なのでした(笑)

人気blogランキングへ。  Blog ranking

「イカ焼き」
【材料】
1枚分
イカ30〜40g
薄力粉大さじ3
水大さじ3
塩ひとつまみ
ツナ大さじ1/2
たまご1個
サラダ油少々
お好み焼きソース適宜
【作り方】
  
1.【種を作る】
小さめのボウルに粉と水、塩ひとつまみを入れて溶き、
イカとツナを加えてよく混ぜる。



2.【焼く】
フライパンを熱してサラダ油を少し垂らし、
キッチンペーパーなどで薄く伸ばす。
うす煙が立つくらい熱くなったら、1度火を消して少し冷まし、
強めの中火にしてからスタート。
まず、種を重ならないように広げます。



3.【返す】
中央にタマゴを落とし、タマゴが少し焼けて来たら
ヘラの角で黄身をトン!と一突き。
そのままひっくり返して軽く上から押さえます。
(ヘラを2本使うと上手に返せます)
タマゴが八分方煮えて来たらもう一度ひっくり返します。
今度は上からギュ〜っと強めに押し、焦げ目を付けます。



4.【仕上げ】
  器に盛り、お好み焼きソースをかけて刷毛で伸ばしたらできあがり。
たくさん焼く場合は、生地をまとめて作ってもいいと思います。
(1枚分は大さじ3の粉と大さじ3の水です)
好きなように作れるって言うのがお家で作るおやつの良いところ(^-^)
ソースだけ、って言うのが王道だけど、
お好みでマヨや青のりを振ってみたりしてくださいね。
今回は、するめイカ2杯分の足とエンペラを使いました。
(だいたい3〜4枚ほど焼けます)
が!本当は胴の部分を入れるともっとおいしいのよ〜(^-^;)
イカ焼きを堪能したい方はぜひ1匹丸ごと使ってくださいね(笑)
小腹が減って、がっつりおやつを食べたい時はコレだなぁ〜♪
もちろん、お酒のおつまみにもおすすめ!
気の置けない仲間が集まって飲むときには大ウケ間違い無しです( ^ー゚)♪

人気blogランキングに参加しています。
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と一押し
応援どうぞよろしくお願いします!

(Visited 1 times, 1 visits today)