アップルチーズロール


つい先日お友達と、
アップルパイにバニラアイスを添えると美味しいという話をしていて、
アイスもいいけどチーズも合うよ!と言う話から、
アップル+チーズのパンが無性に食べたくなりました。


よくワインやブランデーのおつまみで
りんごを薄くスライスしたものに
カマンベールチーズを乗せたものがあります。
これ大好物なんです!初めて食べた時、
りんごの甘い香りとチーズのミルキーな味にガツンと来ました!
その味を想像しながら、冷蔵庫を物色(笑)
ちょうど王林とチーズを発見!
チーズはキャンディータイプのでしたが(^▽^;)
どうにかこれでできそうです。


まきまき好きの私が作ったのは『アップルチーズロール』
具を包んで焼くタイプのパンは
これが一番簡単で綺麗に焼き上がるのでオススメです♪
りんごもあっと言う間に出来あがってしまいます。
ぜひトライしてみてくださいね(*^-^*)

 
「アップルチーズロール」


【材料】

8個分
『煮りんご』
王林大1個
砂糖、できれば三温糖かブラウンシュガー25g(約大さじ1)
バター10g(約大さじ1)
レモン汁小さじ2
シナモン適量
ラム酒小さじ1
プロセスチーズ100〜120g(1cmくらいのさいの目に切る)
ザラメ又はグラニュー糖10g(飾り用)
『生地』
生地の材料はこちらを見て下さいね。
オーブンの予熱温度は180度です。


【作り方】


1. 【りんご煮を作る】
りんごは3ミリ厚さの銀杏切りにする。
耐熱容器に入れ、砂糖、レモン汁、バターを入れてふんわりラップ。
レンジの強で5分加熱する。
1度取り出してよく混ぜ、今度はラップ無しで3分加熱して汁気を飛ばす。
冷めたらシナモンをお好みの量だけ振り、ラム酒も加えて混ぜておく。

2. 【生地を作る】
シナモンロールと同じ工程なので、作り方6(一次発酵)までは
こちらをご覧下さい。

3. 【巻く】
30cm角に伸ばした生地に、端の部分だけ空けて具を並べます。
ゆっくり巻いて行き、巻き終わりを下にして包丁で8等分に切る。

4. 【二次発酵させる】
アルミや紙皿に乗せ、少し形を開くように整えて
オーブンの発酵機能か暖かいところに置いて
2倍くらいに膨らむまで約40分ほど発酵させる。
(乾燥しないようにラップをするか、キリを吹いてください)
この間にオーブンを予熱!

発酵後


5. 【焼く】
膨らんだら、上にザラメ(又はグラニュー糖)をパラパラ〜♪
それからオーブンへGO!(あまり膨らまなかったら発酵時間を延ばす)
10分〜15分ほど焼いて、きれいな焼き色が付いたらOK。
網などに乗せて、しっかり冷めたら出来上がり!



これ、結構イケました!


王林はちょっと向いてないかな?っていう心配は吹っ飛びました。
もし紅玉など酸味の強いりんごで作る場合は
レモン汁を半分に減らしてくださいね。
とにかく、りんごがウマ━(゚∀゚)━!!


チーズの塩気がりんごを引き立てたのかしらん?
私の想像していたミルキーな味とは少し違ったんだけど
(これはやっぱりカマンベールでなくちゃ無理?)
やっぱりチーズとりんごは良く合います。
お気に入りの1つになりそう(*´艸`*)
りんご煮は多めに作っておいたら良かった!とちょっと後悔。


数日は日持ちがすると思うので
パンに乗せて上に溶けるチーズをパラパラして
トーストしたら…あぁぁ想像するだけで美味しそうです(笑)


さーて、次はカマンベールでやってみようかな〜♪
まだまだ妄想は続きます(笑)

(Visited 1 times, 1 visits today)