アサリととびっこのパスタ


麺類続きでスミマセン( ; ̄ω ̄)ゞ
前回のボロネーゼと一緒に食べたパスタです。
実はコレ、以前から娘に「作って〜!!」とせがまれていたパスタなんです。
テレビで加山雄三氏が作ってたそうで、一目見ておいしそうだ〜♪と
恋い焦がれていたパスタらしいです(笑)
ai「で、材料と作り方は?」
娘「えっとね、アサリととびっこ。アサリにお酒をドボドボ入れてから、そのダシ汁で作るの。
  大葉ととびっこを乗せておしまい。量はテキトーだったよ(・∀・)ノ」
ふむふむ、お酒をドボドボね…〆(・ω・` )カキカキ
アサリを日本酒や白ワインで蒸す事を「返す」と言いますが(ダシは「返し汁」と言います)
どうやら返し汁が味のポイントのよう。
大胆な感じが男の料理〜って言う感じですよね(^-^)
まぁ作りながら味を調えて行ったらいいか、って言うノリで作ってみました(笑)


「アサリととびっこのパスタ」
【材料】
3人分
あさり250g程度(殻付き)
とびっこ大さじ3〜4杯
大葉5〜6枚
パスタ250g程度
酒100cc
塩(岩塩または海の塩などの自然塩)茹で用
【作り方】
1.【下ごしらえ】
  アサリは塩を振り、貝同士をこすり合わせるようにして洗います(2〜3回繰り返す)
  ヒタヒタの海水くらいの塩水に漬け、お皿などで蓋をして暫く冷蔵庫に入れて砂を吐かせます。
  大葉は千切りにして水にさらし、水気をよく切っておきます。

2.【パスタを茹でる】
  鍋にたっぷりの湯を沸かし、パスタの規定時間どおりに茹でます。
  (塩は海水くらいの塩加減で)

3.【アサリを返す】
  パスタの湯を沸かし始めたらアサリを返す用意をします。
  鍋かフライパンを火にかけて熱し、アサリを投入。
  お酒を回しかけて蓋をし、貝の口が開くまで煮ます。
  約2〜3分で開いて来ますから、全部開いたら火を止め、貝は取り出しておきます。

4.【仕上げ】
  茹でたパスタをアサリの返し汁に加え、味を見て塩気が足りない時は
  パスタのゆで汁を加えて手早く混ぜます。
  器に盛り、大葉ととびっこをたっぷりとトッピングしてできあがり。



大葉の香りがさっぱりとしていて、アサリの旨味全開!
とびっこのプチプチした歯触りもよくて美味しかったですよ〜♪
結局は、ほとんど娘一人で食べてしまいました(笑)
このパスタ、油は全く使わないんです。
こってりしたおかずと一緒に食べるのにオススメですよ(^-^)
アサリは別にお皿に盛って、三つ葉を散らしていただきました。
ai「お嬢様、満足しましたか?」
娘「うん、おいしい!! …でも加山雄三が作ったら、もっと美味しいんだろうなぁ…」
わるかったわね、アタシで〜(-ω-;)

人気blogランキングに参加しています。
おいしそう〜!と思ってくださったら
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と
応援どうぞよろしくお願いします!

(Visited 1 times, 1 visits today)