ほかほか系・生姜天津飯

 

我が家の近辺、あちこちでクリスマスの飾り付けもにぎやかになってきました。
コートを着込む人も増えて、もうすっかり冬ですね!
うちのダーリンも、ここ数日は「さむ〜〜〜((((;゚Д゚))))ブルブル 」と言いながら帰ってきます。
寝るときも「靴下履こうかなぁ…」っていうくらい、
おじさんのくせに冷え性なんですよね(笑)

ダーリン「エアコンの温度上げようよ〜」

ai「え〜〜〜〜(´~`;) 真冬でもないのに?」

方や私は全然冷え性ではなくて、一応部屋の中に温度計もあるので、
それをチェックしながら、必要以上の暖房はしないんですよね。
でも、こう寒い寒いと言われたら鬱陶しいちょっとかわいそうな気も…
彼の場合、風邪をひいて、それをプレゼントしてくれるんですもん(笑)

よっしゃ〜!
少し身体の温まる、元気が出るごはんを作るかな(* ̄‥ ̄*)=3

ということで、生姜たっぷり♪
お肉も野菜も入ってボリュームもたっぷり♪な、天津飯風のどんぶりです。
食べたらいやでも身体がホカホカします(笑)
がっつり食べてみてくださいね(*^-^*)

 

「生姜天津飯」

【材料】

3人分

豚ミンチ肉 100g~150g
小松菜 1/3把・5cmに切る(又はチンゲンサイやターツァイなどでも)
パプリカ 1/4個(さいの目切り)
椎茸 2枚(薄切り)
サラダ油 大さじ1
生姜 10g(極細の千切り)
輪切り唐辛子 適宜(お好みで)
日本酒 大さじ1

『合わせ調味料』
水 300cc
鶏ガラスープの素 小さじ1
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ1・1/2
粗塩 ひとつまみ
片栗粉 大さじ1・1/2
ごま油 大さじ1/2

たまご 3個
ごはん 適量

合わせ調味料は、具を炒め始める前に作って用意しておく。

【作り方】

1.【炒める】
フライパンにサラダ油を熱し、ショウガの半分を炒める。
  香りが立ったらミンチ肉を炒め、ぽろぽろになって来たら椎茸とパプリカも加える。
  日本酒をまわし入れて炒め、椎茸がしんなりしてきたら青菜も加える。
  サッと炒めながら混ぜたら一旦火を弱め、合わせ調味料をまわし入れる。
  再度火を強め、残りのショウガを加えてフライパンを揺すりながらよく混ぜる。
  一煮立ちしてとろみがでてきたら、あんのできあがり。

2.【仕上げ】
器にご飯を盛りつけておく。
  小さめのフライパンにサラダ油(分量外)を熱し、
  溶き卵を流し込んで素早くかき混ぜながら焼き、半熟程度でご飯に乗せる。
  上からたっぷりあんをかけたら完成。

 

お味は、ピリ辛なので少し甘めにしてあります。
辛さはどうぞお好みで。
我が家は今回、生の唐辛子を使いましたけど、
ショウガだけでも少し辛いですから、
辛いのが苦手な方は唐辛子は入れなくても良いんですよ(^-^;)

ちなみに、千切りショウガ10gって、手のひらのくぼみにふわっと山盛りくらいです。
ショウガはすりおろすとぴりぴり感が強くなって、
喉(食道)の弱い人は炎症を起こすこともあるらしいので
千切りにしてほどほどの量に押さえてくださいね。
たくさん食べたらもっと身体に良い…っていうわけでもありませんのでご注意を。

これ、久しぶりに、食べながら鼻水出ちゃいました(^▽^;)
間違いなくほかほか系です!
さ〜て、次のほかほか系は何にしようか…
少しはまりそうな予感〜(●´艸`)

 

 

おいしそう〜♪と、←ポチッと一押し
今日も応援して行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)