たぬきか?きつねか?


これ、大晦日に食べた年越しそば「たぬき」です。
えw( ̄△ ̄;)wたぬきなのにお揚げが入ってるの??とびっくりされた方もいますか?(笑)
大阪では甘く煮たお揚げが入ったおそばを「たぬき」って言うんですよね(^-^)
おうどんは「きつね」です。
関東ではきつねそばって言いますよね。
たぬきは天かすが入ってて、「たぬきそば、たぬきうどん」なんだそうですね。
これ、京都に行くと又違うらしくて、こういう呼び方って最初に誰が考えたのか
ちょっとおもしろいですよね(´∀`*)ウフフ
ちなみに、天かすが入ったうどんやそばは、
大阪では「ハイカラうどん(そば)」って言います。
でも、最近は「天かすはご自由にお入れください」と、入れ放題(?)のお店が多くて、
ハイカラの名前は消えつつあるみたいです。
毎年我が家の年越しそばはニシンを乗せるんですが、
今年はちょっと違うのがいいね!と、甘く煮たお揚げを乗せることになりました。
お揚げを煮るのも5分くらいコトコト煮て放っておくだけ。
超簡単なんですよ〜(^-^)

「たぬき」
【材料】
3人分
そば3人分(乾麺)
すし揚げ3枚(お好みの枚数でどうぞ)
ダシ汁200cc
砂糖大さじ3
みりん大さじ2
醤油大さじ1
塩少々
ネギ適宜(小口切り)
『かけつゆ』
ダシ汁1200cc
塩(自然塩・粗塩など)小さじ1・1/2
みりん大さじ2
薄口醤油大さじ2
醤油小さじ1
おいしいダシの取り方はこちらを参考にしてくださいね。
【作り方】

1. 【揚げを煮る】
揚げに熱湯をかけて油抜きしておく。
鍋にだし汁と調味料を入れ、揚げを入れて5〜10分ほど煮ます。
火を止めてしばらくそのまま冷ましておきます。
(冷めて行くあいだにお揚げに味がしみ込んで行きます)

2. 【かけつゆを作る】
鍋にだし汁と調味料を入れてかけつゆを作っておく。
使う調味料で味が違って来ると思うので、物足りない時は
隠し味にお砂糖を小さじ1/3くらい入れてみてくださいね。

3. 【そばを茹でる】
茹で用のお湯を沸かし、別に鍋かやかんでもう一つお湯を沸かしておく。
ソバが茹で上がったら、冷水でよく洗って締め、沸かしておいたお湯で麺を温める。
よく水気を切り、器に盛ってかけつゆをかけます。
甘く煮たお揚げとネギを乗せてできあがり〜♪


おせちの残り食材があったら、色々とトッピングしてみるのもいいかもしれませんね。
そろそろ雪の季節もやってきました!
寒い季節のお昼には、つるつるっと暖かい麺類はたまりませんよね〜 (*´д`*)ハフン♪
おいしいダシ汁を飲み干すとホッとします。鼻水も出ちゃうけど(笑)
ほっこり♪おそばやおうどんで暖まってくださいね〜(^-^)v

人気blogランキングに参加しています。
みなさまのポチッに支えられて日々更新にがんばっております!
がんばれよ〜!と
Blog ranking ←_ρ( ̄  ̄*)ポチッ♪と1日1クリックしてくださると、
とても励みになります。応援よろしくお願いいたします(^-^)

(Visited 1 times, 1 visits today)