さやいんげんのお浸し・生姜風味


茄子、ピーマン、きゅうり、トウモロコシ…夏野菜が出回って来るころですよね〜
夏は実野菜が豊富になる季節。
お買い物に行って、ぴちぴちのおいしそうなさやいんげんを見つけたので
今回はちょっとした1品にしてみました。
何かもう少し野菜が欲しいな〜って言う時におすすめです。
さやいんげんは、年に3回収穫できるから…と言う意味で
関西では三度豆とも呼ばれます。
どっちかって言うと、私もそう呼ぶほうかな(^-^)
これも色んな種類がありますよね〜!
長いのやら平たいのやら、どれもあまりクセがないので、
和洋中色んな料理に使えて便利です。
栄養豊富な緑黄色野菜なので、生活習慣病や癌予防、
もちろん美容や健康維持にも、進んで食べたい食品の一つです。
ちなみに、我が家では「緑黄色野菜は無制限に食べても良いよ〜!」
って言うことになっています(笑)
以前ダーリンが減量してた時は、緑黄色野菜のおかずを増やしたので
彼は空腹感に耐えることも無く、10キロほど減量したのでした( ^ー゚)♪
話がそれちゃった(^-^;)
今回は、生姜を利かせたあっさり爽やか風味のお浸しです。
この味付け、実は先日行ったシンガポール料理のお店で、
海南鶏飯(シンガポール風チキンライス)っていうのを食べたんですが
それに付いて来た生姜タレがすごくおいしくて、
これは使えるぞ〜!と、試しに作ってみたものなんです。
もちろん、チキンライスも美味で、
これもそのうち作ってみなくちゃ〜!と…
また話がそれちゃった(笑)
とにかく、生姜風味の和え物…と言っても、
和風の和え物ではありません。
どちらかと言うと中華風になるのかな?
胡麻和えやお醤油風味のお浸しに飽きたら
ぜひ試してみてくださいね。
食が進みますよ〜!
緑が鮮やか〜♪と思ってくださったら、
↑ポチッと一押しよろしくお願い致しますm(_ _)m


「さやいんげんのお浸し・生姜風味」
【材料】
3人分
さやいんげん1パック
下ろしショウガ小さじ1/2
日本酒大さじ1
水大さじ1
粉末鶏ガラスープひとつまみ
塩(粗塩)少々
太白ごま油(白締め油)又はサラダ油小さじ1
【作り方】
  
1.【茹でる】
  豆は塩(分量外)を入れた湯を沸騰させ、サッと色よく茹で
  水に取って色止めする。
  食べやすい長さに切っておく。

2.【和える】
  耐熱容器に生姜と日本酒を入れ、20秒ほどレンジ加熱して
  日本酒のアルコール分を飛ばす。
  他の調味料も加えて味を調え、茹でた豆を加えてよく混ぜる。
  器に盛ったらできあがり。

一緒にいただいたのは、冷や奴や、
カレー風味の鶏の唐揚げをサラダ仕立てにしたもの。
(今回は1度揚げでした)
これにお浸しの生姜風味がよく合っておいしかったですよ♪
夏〜って感じのメニューで(何じゃソレw)
家族達には好評でした(*^-^*)v

暑いとなかなかお料理の意欲も湧いて来ませんが(汗)
混ぜたらおしまい、切ったらおしまいって言う
簡単な1品を上手に組み合わせるのが楽でいいですよね。
がんばって夏を乗り切りましょう!(^▽^)/おー
お帰りの際は、 ←ポチッと、
応援の一押しをして行ってくださったらうれしいです。
どうぞよろしくお願いします!(^-^)

人気blogランキングに参加しています。

(Visited 1 times, 1 visits today)